CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

LINKS
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 第二回WBCが楽しみ | main | 喫煙のこと >>
イパネマの娘と出稼ブラジル人
送信者 橘フォト3

リオのイパネマは高級リゾート地、海岸にはリゾートマンションが建ち並んでしました。ホテルは、何軒もなかったように記憶しています。当然、リッチな人たちが、静かにエンジョイするビーチです。有名なボサノバ「イパネマの娘」はこの街角から生まれました。
一方、有名なコパカバーナは、観光客などお上りさんの集まるビーチで、ホテルが多数建ち並び、人でごった返しています。

一方、日本に出稼ぎに来ているブラジル人は、サンパウロを中心にした日系人で、ブラジルでは中産階級に属します。パウリスタ(サンパウロの人)は、働き者です。カリオカ(リオの人)の富裕層は、汗を流さないで金持ちになることを心得ているブラジル的にソフィスチケイトされた人たちです。
アメリカと同じように力のある人にとっては、チャンスの多い国です。反面、当然のことながら、様々なリスクのある国でもありました。しかし、何処の国でも、最も不安定なのが中産階級です。今回の大不況でも、中産階級が最も苦しいことになります。ブラジルでは、富裕層の仲間入りをするか、不安定な中間層にとどまるかは大きな違いです。
在日ブラジル人30万人と云われていましたから、日系人の3〜4分の1が出稼ぎにやってきた勘定になります。不安定なブラジルにいるよりも、斡旋された日本の仕事に就く方が、高く、確実な収入が得られたのでしょう。

しかし、今回の不況は、派遣や期間工であった彼らには、大きな打撃でした。恐らく、ブラジルも大不況ですから、帰っても夢がありません。家族連れの人は、日本で何とかやっていきたいと考えているに違いありません。ブラジルにある家などの資産を処分して来日した人も多いに違いありません。気の毒なことになったと思います。年越し村の人たちより、遙かに悪い条件の人たちです。
日本人と競争して勝たなければ生き残れません。頑張って欲しいと思います。

想像するところ、イパネマも、この経済変動で没落した人たちの話題で一杯のことでしょう。
| ブラジル | 15:58 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 15:58 | - | - |
コメント
イパネマの海とボサノバのリズムはよくマッチしていて憧れますね、こんな所で老後を暮せる方は幸せです。
しかし、富裕層はこの不況で資産を大きく失っている事でしょう、ブラジルの様な新興国の産業も大打撃を受けているでしょうね。
日本の民間企業の場合はリストラや再編を済ましていたはずですが、この円高ではどうしようもないんではないでしょうか、同情します、それに引き替え、民間の次は公務員のリストラだと言っていたのに、全く手を付けないで来ています、渡辺よしみ議員が怒って離党するのは国民の気持ちを代弁していて応援したくなります。
不況で思うのは人間の人権や尊厳で社会保障が如何に大事かと言う点です、政治のプライオリティーも徐々に明確に成って来た様に思っています。
| st | 2009/01/23 7:04 PM |
イパネマといえば「イパネマの娘」がすぐ連想されます。ボサノバといえばこの歌しか知らなかったのですが、もう長い付き合いになる某社の役員の方がボサノバのフアンで、時々コンサートにお付き合いします。
当初の私のお目当ては、コンサート後の女性歌手とギタリスト(名前は違いますが二人は夫婦です。日本を代表するギター弾きの一人です)との飲み会でした。最近はボサノバがとても馴染んできました。

BRICsも程度の差はあるようですが、世界同時不況の影響が出て先行き不透明です。イパネマのイメージが変わらないことを祈っています。
| | 2009/01/23 9:00 PM |
stさん
イパネマは素敵なところですが、心もうんとリッチでないと暮らしにくいと思います。私たち日本人には、緊張が伴います。とても老後暮らす気にはなれません。国や警察は当てになりませんから。自分の金で安全を買い、家事などもさせられるような身分でなければ、快適ではありません。金で人を使うのも楽なことではありませんよ。
イパネマの娘は、1962年に出来た歌です。ブラジルが豊かになる前から、イパネマは金持ちの街でした。没落する人もいるでしょうが、街の性格は変わらないでしょう。

国民が、政府に色々要求すればするほど公務員の数は増えます。国を上げて景気対策に取り組んだり、きめ細かいセーフティネットをするためには、恐らく公務員を増やさなければならないでしょう。
公務員を叩いても、国は良くならないと思います。渡辺議員のパフォーマンスにだまされないつもりです。
公務員には、高いモラルで働いてもらう必要があります。

asktakaさん?
ボサノバファンだったのですか。リタイアーして3年ほど、ボサノバを習いました。若い人が多く楽しかったのですが、あの軽妙なリズムに乗れず諦めました。
ボサノバは、サンバに一工夫したリズムで、アメリカからはやり出した程ですから、国際性に富んでいます。日本人の感性にも良く合います。ファンが徐々に増えているようです。
stさんに申し上げたとおり、イパネマは人は入れ替わっても街は変わらないと思います。
| Helio | 2009/01/23 10:42 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://helio.jugem.jp/trackback/834
トラックバック