CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

LINKS
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 東京の晴天ソウルの黄砂 | main | 三鷹の観光ガイド >>
中国の大気汚染、日本にも影響
中国の大気、土壌汚染の影響が、日本に影響を与えていることは確かです。しかし、しっかりしたデータで議論し、環境に対する堅固な態度がない限り、問題解決は進みません。

この記事に出てくる柳澤准教授や、環境省の課長補佐の態度を見ていると、政府や、学者の環境問題に対する対中取り組み姿勢を典型的に表していると思います。
これでは、結局、何もしないことになるのではないでしょうか。

それでは、どうするのですか?という問いに対して、柳澤准教授には答えがありません。

学者にお願いしたいことは、どんどん英語で論文を書いて、世界にアッピールしてもらいたいと思います。環境問題の学者、研究者にデータを提供し、国際会議でおいても、イニシアチブをとって、活躍していただき、世界中に理解者を増やすことです。

環境省の役人の云う、「最終目的はアジア諸国が越境汚染に関する長期的な条約を結ぶこと」は、「百年河清を待つが如き」ではないでしょうか。有効な条約が、何時、出来ると思っているのでしょうか。

環境省は、地球の問題として、地球第一の汚染者中国に対して、世界の包囲網を形成することです。環境問題解決の決め手は、外交力だと思います。
人権と同じように、中国に対して、世界レベルで圧力をかけても、その気になってもらえるかどうかの政権ではないでしょうか。そういう相手だということをしっかり認識して、取り組んでもらいたいと思います。
この件に関しても、世界の常識は、中国の常識ではありません。

中国の現政権の最大の関心事は、政権の維持です。
環境問題は、私たちの目から見れば、政権のアキレス腱のように思えますが、中国共産党の優先順位は高くありません。
環境汚染に対する民衆の不満が全土で高まり、環境暴動が各地に広がり、諸外国から非難轟轟の状態になって、始めて腰を上げることになるでしょう。
それまでは、人権問題と同じように、国内的には、隠蔽、弾圧などで泳ぎ、外国に対しては、強面を続けるでしょう。

中国の環境問題に関しては、しっかりと、戦略を練って立ち向かわなければなりません。その前提として、日本側の外交基本方針の統一が不可欠でしょう。
外交を政局の材料に利用しかねないような状態では、とても無理なことだと思って、悲観しています。
おそらく、中国の工作で複雑化し、意志決定すら出来ないでしょう。
| 環境 | 17:45 | comments(6) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 17:45 | - | - |
コメント
賛成です。 一本筋の通ったゆるぎない態度をつらぬくことが、日本の環境と安全の確保につながると思います。 及び腰や、民主党のように平身低頭するような態度は、逆に中国になめられるでしょう。
| SHARADE | 2008/04/04 9:16 PM |
隣国が隣国だけに、いち早く環境安保への対応を準備する必要があります。
例えば、環境難民対策とか。
中国の汚染が進み、環境が極度に悪くなれば、大量の難民が発生します。それを中国は真剣に防止するとも思えません。
黄砂だけでなく、人も押し寄せてくるように思えます。
様々なことを頭に入れて、中国とは接しなければなりません。
| Helio | 2008/04/04 9:46 PM |
五輪でのマラソン選手の健康被害が心配されていますが、どうしょうもない国ですね。
日本も中国で製造業は莫大な利益を上げてますから、あまり言えないのかもしれません、こう言う国とは付き合わない方がいいのかもしれません。
| st | 2008/04/05 1:37 AM |
日本の製造業は、中国での生産をビルトインしています。国民生活は、中国製品がなくてはやっていけないようになっています。やっかいですね。
付き合わないというわけにも行きません。
いずれ、日本がやらなくても、世界中で中国製品のボイコット運動が起きるようになるかも知れません。
| Helio | 2008/04/05 7:50 AM |
中国の共産党一党独裁を考えれば、投資は出来るだけ東南アジアやインドに向ける方がなんぼかいいと思います、中国とは離れて行った方がいいと思います、可笑しな国とは付き合わない事です。インドやタイとは意識して仲良くなる事で日本の考え方を示すべきです、これが外交じゃないんでしょうか。
| st | 2008/04/05 10:45 PM |
ご指摘の通りですね。
聖徳太子以来、中国とは、適当な距離を置くことが歴史的に日本の外交方針でした。
政界も、官界も、財界も少し接近というか、のめり込みすぎですね。
敬して遠ざける、という言葉がありますね。
| Helio | 2008/04/05 11:53 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://helio.jugem.jp/trackback/642
トラックバック
ブログ意見集: 中国大陸から黄砂&光化学スモッグ by Good↑or Bad↓
「中国大陸から黄砂&光化学スモッグ」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。
| ブログ意見集(投稿募集中)by Good↑or Bad↓ | 2008/04/05 10:22 AM |