CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

LINKS
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORIES
<< ダライ・ラマ、伊勢神宮を訪問 | main | 他界された方々 >>
中国、王朝末期の様相か
この記事で報道されているように、中国の環境問題は、深刻なようです。しかし、中央や地方の政府が真剣にこれに取り組む気にならなければ、改善に向かいません。外国の評判を気にして糊塗している間はだめでしょう。
何よりも、政府の後ろにいる中国共産党が、その気にならなければどうしようもないことだと思います。今の中共にそのような気概があるのでしょうか。

党員が拝金主義を地で行き、金儲けに血眼のなっている様子が伝えられています。末端に至るまで腐敗が浸透しているようです。
環境問題も、中共の腐敗と無縁ではありません。地方政府が、しばしば企業と結託していることが伝えられていますが、この構造は、益々深まりつつあるようです。

今回の党人事でも、太子党(党幹部の2、3世)や上海閥など、不正で潤っている守旧派が要所を占め、取り締まられる立場の人が、取り締まる立場になっているケースが多いようです。中共の腐敗は、さらに進行すると予想されています。
ひとり環境問題のみならず、不正コピーなどの偽物の横行、有害食品、外国企業の奪取、闇炭坑(地方政府が参加したりしてるが、年間数万人が事故で犠牲になっている。)など全ての不正に各段階の党幹部が絡んで、利益を得ていると考えられます。

中国の王朝は、このような腐敗が横行して、その王朝の最後を迎えてきました。
中国共産党が過去の王朝と異なる点は、過去の王朝と比較にならない強力な近代的軍隊を持っていることです。この軍隊は、必要とあれば、丸腰の国民に銃口を向けます。力で、国民を押さえつけることが出来ます。
それがいつまで続くのでしょうか。

この汚染された空気は、日本にもやってきます。
だから環境問題で支援しろ、という声があります。
本人がやる気がないのにお金や技術を与えても無駄です。党員の懐を肥やすだけになりかねません。
環境支援が生きるのは、中国に、環境を重視するソフトが植え付けられてからのことです。
| 社会 | 12:38 | comments(3) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 12:38 | - | - |
コメント
 中国政府と共産党の腐敗振りは、タガが緩んでいる昨今の日本のそれとは,ケタが違うぐらいひどいものだと
思います。 それにしても、中国共産党を環境面でその気にさせるまで待つのは、まさに「百年河清を待つ」に等しいのではないでしょうか。 地球の破壊は待ってくれないので、日本の環境被害対策の面からも、積極的に
介入し教育していく必要があるのではと思います。
 日本単独でだめならば、国際機関、サミットなど国際世論で、説得していかなければ、先に参るのは日本ということになりかねませんね。
| SHARADE | 2007/11/20 3:26 PM |
五、六年後、温暖化等による環境問題が世界的な課題に浮上し、もう戦争やテロやマネーゲームなんかやってる場合じゃないぞと、投資家バフェットも寄付してるビルゲーツ財団が人類の福祉に多大な貢献をしてノーベル平和賞を受賞し、世界に篤志家が増え国連に世界の余剰金が集まり地球を救う体制が整ったと言う様に、温暖化が喜ばしい皮肉になる事を祈っています。
| st | 2007/11/20 11:57 PM |
SHARADEさん、中国に、環境ソフトが植え付けられるということは、ご指摘の通り、中国の教育を意味します。国際機関、サミットなど国際世論での説得も推進しなければなりません。
中国が求めているのは、教育ではなく、現段階では金です。これは、幹部の懐に入ってしまうという意味で申し上げました。
日本が出来るのは、金とちょっとした知恵です。
知恵も、スケールが違うのでストレートには役に立ちません。先方が、真剣に受け入れる体制になった上で、中国の実情にあったやり方を開発しなければならないように思います。。
環境問題は、国造り以上に難しいことだと思います。

stさん、篤志家は、余裕の範囲でドネーションをします(例外もあるかとは思いますが)。
所得の還元みたいなものには期待しても、構造的な解決には繋がらないように思います。
人類の仕組みとして、環境問題を解決するしかないのではないでしょうか。
温暖化で、人類がしっかりと考え、解決の道を見出ことを期待したいと思います。
| Helio | 2007/11/21 12:20 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://helio.jugem.jp/trackback/547
トラックバック
ブログ意見集: 中国とどう向き合うか(対中外交) by Good↑or Bad↓
「中国とどう向き合うか(対中外交)」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。
| ブログ意見集(投稿募集中)by Good↑or Bad↓ | 2007/11/20 10:41 PM |