CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

LINKS
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 文在寅を甘く見てはならない | main | 満80歳の誕生日 >>
28年振りに花をつけた白梅

三鷹市の現在の地に居を構えたのは、昭和47年(1972年)のことでした。
昭和35年に建てた中古住宅付きで、庭が立派でした。前に住んでいたのは郵政省の官僚OBで、かなり凝って庭を造り上げたようです。
当時、33歳の私にはその価値は良く分かりませんでしたが、どうメンテして良いのか分からないので、その庭師を引き継ぎました。
その庭師は、作家の松本清張の庭師でもありました。
いわゆる職人気質で、その扱いには苦労しました(笑)。

庭の東側に紅梅があるので、西側に白梅を植えてはどうか、との庭師の提案を受け入れました。
平成2年(1990年)、ロンドン勤務を終わって帰国したのを機に、住宅部分を全面的に立て替えました。
白梅が植えてあった場所と池があった部分は、カーポートとなってしまいました。

新しい家が出来上がって気がつくと、和室の縁先に小さな梅の木が生えていました。白梅のあった場所に近いので、恐らくその種が生えてきたのではないかと思いましたが、縁先なのでそのまま大きくするわけにはいきません。
素人考えで、地植えの盆栽のようにしたらどうかと思って、毎年大きくしないように剪定していました。ところが何年経っても花を付けません。
昨年少し蕾を付けましたが、花までにはなりませんでした。
今年は、この様に沢山の花を付けました。嬉しいですね。
樹齢は28年です。

この小さな梅の木に花が咲いたので、改めてこの地に46年住んでいることを実感しました。
このうち6年は、外地への転勤で空き家にしていました。
年を取ったはずだと感じました。

できれば、これからもここに住み続けたいと思っています。





| 身辺雑話 | 14:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 14:16 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://helio.jugem.jp/trackback/1729
トラックバック