CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

LINKS
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 南北朝鮮は約束を守らない | main | 素晴らしいモーツァルトを楽しんだ >>
認知症医学の大先生から褒められた話

高齢になると、物忘れが多くなり、誰しも認知症の恐怖を抱えてしまいます。
3月には80歳になる私ですが、友人に勧められて、ある認知症の専門医の無料相談を受けることになりました。

結論としては、私の物忘れは正常(老化)なものであって、異常(病気)なものではないようだとのことでした。

先生の質問に答える形で、仕事を離れてからは、ストレスフリーな生活を心がけているとして、次のようなことを話しました。

健康維持を目指して40歳頃から続けていたウイークエンドジョギングを62歳で膝を痛めたので止めた。
その代わりスポーツクラブに通って筋トレと、ランニングマシンなどで有酸素運動を心がけていた。
75歳の時に、スポーツクラブに通うことがストレスに感じるようになったのでクラブを退会し、健康維持はウオーキング中心に代え、最初は1万歩から徐々に減らして、現在は6〜7千歩程度にしている。

唯一の運動的娯楽であったゴルフは、手指関節症になってグリップが心許なくなった。どうしてもできないことはなかったが、77歳まででゴルフはを止めた。止めてみて、これも早起きなど結構なストレスになっていたことを感じた。

自動車の運転も昔のワクワク感がなくなり、事故らないように慎重に運転するように心がけていたためか、次第にストレスを感じるようになったので、79歳の昨年、運転免許をを返上した。

学生時代に夢中になっていた合唱は、サラリーマンの間に徐々に遠ざかってしまったが、64歳頃から復帰して様々な合唱団で唱ってきた。これも大曲を大勢でやり、本番はオーケストラ付きで演奏するため、徐々にきつくなってきていた。昨年秋に体調を崩したのを機に、合唱団を退会した。現在は、若干の寂しさを感じている反面、これで大きなストレスがなくなったように感じている。

睡眠がやや不安定になりがちで悩んでいた高3(17歳)の時、受験を前に不眠症的になったが、母が与えてくれたウイスキーを飲むとぐっすり眠れることが分かり、不眠症はすっかり解決した。サラリーマン時代は、時差を伴う出張も多く、その場合は、睡眠導入剤を利用していた。老後は、ゴルフの前夜や、翌日に大事なイベントを控えている時には、睡眠導入剤を半錠飲むことにしている。これで大きく睡眠不足になることはない。

この様なことを話してみると、先生は、
「年齢とうまく付き合っていらっしゃる」
と言って下さいました。
ただ、認知症の診断を受けたわけではないので、正確には病気ではないとは言い切れないと思っています。
また、今は大丈夫だとしても、これから罹ることもあります。
すっかり安心とはなりません。

私としては、合唱を止めてしまったので、前向きなことがなくなってしまいました。
暖かくなった頃から、声を出す楽しみでも探そうと思っています。



| 健康 | 22:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:09 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://helio.jugem.jp/trackback/1724
トラックバック