CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

LINKS
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 日本経済はひと脱皮しつつあるのか | main | 気持ちの良い1日 体調も回復か >>
平成の世が終わる日が決まった

今年は、どこも紅葉がきれいなようです。

昨日の皇室会議で、今上天皇の退位が平成31年(2019年)4月30日、新天皇の即位が翌5月1日と決まりました。
不思議なことに、平成の次の年号の話題なども出て、なんとなく世の中が明るい雰囲気になってきました。平成の世の終了、そして次の時代への期待のようなものが、ほのかに湧いてきています。
大変結構なことだと思います。

昨年8月の今上天皇お言葉から始まって、退位に関する特例法が成立し、その施行の第一歩が始まりました。
天皇は、憲法上は、「国政に関する権能を有しない」とされていますが、お言葉に始まって、昨日の決定に至るまで、内閣、立法府は相当な政治エネルギーを使いました。
崩御以外の皇位承継の特例を開いたのですから、歴史的な出来事です。
憲法があろうが、皇室典範があろうが、天皇が望めばこの様なことが出来てしまうと言うのは驚きです。
民主党政権だったらどうなっていたことでしょう。
恐らく、対応できなかったのではないかと思います。
賢い陛下のことですから、信頼できない政権下では言い出さなかったとは思いますが。

つくづくこの国は、一番の権威として存在するのは天皇であると思いました。
お言葉ににじんだ内容をどのように運ぶかで、主権者である国民の代表が選んだ内閣、国民の代表が集まる議会が、意向に沿うべく渾身の力を注いだことは事実です。
それほど天皇は偉いのです。

憲法は第一章天皇を設け、第一条に、「天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であって、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。」と定めています。
これが、日本国憲法全体に亘る基本なのです。

ここが揺らぐと、日本国が揺らぎます。

一刻も早く、
もりかけシャンシャン日馬富士
の呪縛から脱皮して、来年は、平成に次ぐ世に思いを馳せ、未来志向の年にしたいと思います。
| 社会 | 20:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:43 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://helio.jugem.jp/trackback/1719
トラックバック