CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

LINKS
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 習近平と金正恩 | main | 小池百合子にご用心 その2 小池の乱 >>
小池百合子にご用心

恥ずかしながら、昨年の都知事選では、小池百合子という政治家に感心してしまって、こんな記事を書いてしまいました。

それから一年余、この人をメディア上でウオッチしてきました。
都政、率直に言って上手くいっていません。
問題点の指摘は鋭いですが、解決能力に乏しい印象を持っていました。
豊洲、築地、五輪など目玉のプロジェクトで自分が目立ちたがり、進行を遅らせたり、費用の膨張が見られます。
役人の使い方も上手ではなさそうです。

このところ東京都の話題も少なくなってきていましたが、今年に入って都議選での都民ファーストの会の成功などがあり、政治的には、順風満帆の状態が続いているように見えました。

都議選後は、若狭衆議院議員を使って、国政政党の準備に入りました。
都知事選の勝利、都議選での都民ファーストの会の勝利などを経て、国政に強い関心を持ったようです。

そして、衆議院解散を機に、昨日、新党「希望の党」を立ち上げました。
この党には、この段階で、12人の国会議員(無所属2,自民1,日本のこころ1,民進8)が参加しました。
そして本日、民進党が合流することを決めました。
出来上がった姿を想像するに、顔ぶれは、なんだ民進党(保守派中心)ではないか、と言うことになるのではないかと思います。

小池氏は、民進党の保守派を中心とした吸収を上手に進めています。
凄い政治力だと思います。
民進党の議員は、沈没船から逃げ出すように「希望の党」に殺到することでしょう。
民進党の人と組織を乗っ取りつつあります。

怖い政治家だと感じました。
TVで、「よくぞ解散してくれた!」と言ったのを聞きました。

この人、大衆を掴む表現力に優れていて、国民はしっかりしていないと欺されます。
恐らく、多くの人が欺されることでしょう。

都知事として、原発容認のようなことを言っていたように記憶していますが、何時の間にか、反対に変わっています。
保守の改革派と称していますが、民進党の主張に配慮したのでしょう。変わり身が早いですね。

政治をリセットすると言いますが、何時の時点を以てデフォルトと考えているのでしょうか。
多分、自分のやり方にする程度のことでしょうが、現政権非難を込めてもいます。
民進党と合併しないで逃げてくる人たちを選んで入れるという手法は、フランスのマクロンを真似たのでしょう。

政局に対応する能力、切れ味は非凡です。
自民党も、他の与野党も呆気にとられています。とてもダサく感じます。とても対応できません。民進党などは解体され掛かっています。
これって、究極のポピュリストだと思います。
国民がしっかりしないと、あっという間に日本を乗っ取ります。

一方では、小池氏から政治的な志のようなものが感じられません。小沢一郎という政治家がいますが、彼を切れ味良くしたような人ではないでしょうか。
政局屋であって、ステーツマン(国家のことを考える政治家)ではないと感じています。

希望の党は、発足してしばらくすると割れるのではないでしょうか。
気がついてみると、この党に関与した政治家には日本新党や新生政党関係者が多いですね。あの頃を連想させられます。小池百合子、細野豪志、前原誠司、小沢一郎など。

皆様!ご用心、ご用心。
| - | 15:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 15:50 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://helio.jugem.jp/trackback/1712
トラックバック