CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

LINKS
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 毎年喪中のような8月上旬 | main | 習近平と金正恩 >>
国内対立で北朝鮮制裁に本腰が入らない中国

29日早朝5時58分北朝鮮、北朝鮮からICBMが発射され、北海道襟裳岬上空を飛んで、そこから1180キロ先の太平洋に落下しました。
わが国土の上空500キロを飛んだようです。

この発射は、我が国政府が、予め把握していたようで、素晴らしい対応だったと思います。
Jアラートが、影響受けそうな範囲の地域で鳴り、少なからず国民に衝撃を与えたようです。
泰平の眠りを覚ます効果は大きかったと思います。
ただし、これからも北朝鮮がこれを続けることもあり得ますので、オオカミ少年にならない工夫が必要だと思います。

これを受けて、安倍総理は直ちにトランプ米大統領と電話会談をしました。
そして翌30日にもこの件に関して2回目の電話会談をしました。
想像ですが、国連安保理の議長非難声明に続く制裁決議の内容について、北朝鮮に対する石油の禁輸を提案したのではないかと思います。

これは、中国が鍵を握っていますから、その決議が出来るかどうか、次にその決議が実行されるかどうか、と言うことになります。

中国が、北朝鮮の核、ミサイル問題に関して煮え切らないことについて、このブログでも昨年から3度に亘って取り上げてきました。
これについて、産経新聞8/26の【野口裕之の軍事情勢】に詳しく解説されています。

これは、中国に対する揺さぶりとして、極めて効果が大きいテーマだと思います。
国際社会と、国内の精鋭である親北朝鮮の北部戦区に挟まれて、習近平がどう出るかが見物です。
中国も、北朝鮮問題で更に追い詰められることになります。
10月の党大会で自らの地位が強化されるまで、ウジウジするのでしょうか。

安倍首相もやりますね。

国民の意識はまだ低いですが、国家にとって大きな危機だと思います。
民主党や民進党政権では、右往左往するか、危機を隠蔽するかどちらかでしょう。
危機の隠蔽は、メディア混みで行いますから、危機は更に大きくなります。



| 政治、外交 | 17:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 17:03 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://helio.jugem.jp/trackback/1710
トラックバック