CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

LINKS
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 米国は完全に舵を切った | main | 「国破れて平和憲法あり」にならないように >>
ハンブルグG20首脳招待コンサートを聴きながら考える

ハンブルグで行われたG20での招待コンサート(ベートーベン第9交響曲)の模様を伝えたyoutubeが見つかったので埋め込みました。
このハンブルグのコンサートホール、変わったホールですね。

私も、この11月23日に武蔵野市民公会堂で行われるベートーベン第9交響曲の合唱(約260人)にエントリーしています。大合唱に参加して、パワーと若さを貰いたいと思って手を上げました。

さて、この演奏の指揮者は、日系3世アメリカ人であるケント・ナガノで、トランプ夫妻は真ん中に座っていますね。
安倍首相夫妻は、終わってからちょっと写っていました。遅れてきたプーチンは、招待席の一番後ろでした。
音楽好きの小泉元小泉元首相でであれば、正面近くに陣取って、愛嬌を振りまいていたことでしょう。
目に付いたのは、マクロン仏大統領夫妻が、聴衆から再三に亘って握手を求められていたことです。独仏関係は大丈夫、強いていえばEUは、しばらく大丈夫だと感じました。

次のyoutubeの、各国首脳到着の様子を見ながら、バラバラになってゆく世界と、それぞれの国が、国内に深刻な分裂危機を抱えていることに想いが行きました。
国際政治が不安定、それぞれの内政が不安定である反面、核兵器などは誰でも作れる時代に入り、AIなどの発達によって、これまでより精度の高い無人兵器群が登場しつつあります。
戦争、戦闘の手段である無慈悲な兵器ばかり発達していき、それらのリスクを国際政治で制御できない時代に入りつつあります。
恐ろしい時代がやってきます。

この様な時代に、我が国では、メディアと一部野党による安倍下ろしの風潮が強まっています。
安倍首相を引き釣り降ろして、どのような政治を考えているのでしょうか。

内政で何をしたいと考えているのでしょうか。

G20サミットに集まった首脳連中と互角に渡り合える人がいるのでしょうか。
とくに、東アジアの3国はやっかいです。
習近平、金正恩、文在寅はいずれもやっかいな相手です。
加えてトランプ、プーチン、モディ、メルケル、マクロン、、、手強い相手が揃っています。

| 政治、外交 | 13:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 13:48 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://helio.jugem.jp/trackback/1707
トラックバック