CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

LINKS
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 悲惨!読売ジャイアンツ | main | 米国は完全に舵を切った >>
読売ジャイアンツ 空気が一変した!
(2017.5.16東京ドーム亀井選手)

引き続いて巨人のことで恐縮です。
 
前の記事で、巨人軍の悲惨ぶりを嘆きました。
その日、巨人は、堤GMの解任、鹿取GM特別補佐のGM就任を発表しました。
その晩から巨人の空気がガラッと変わりました。
交流戦優勝のソフトバンクに2勝1敗と勝ち越し、続くロッテに3連勝して見違えるような戦いぶりです。GMの交代を転機に、チームとしてのまとまりが出てきたように思います。

最後の2カードを5勝1敗と勝ち越し、交流戦全体では6勝12敗ですが、ベクトルを上に向けて終わりました。
昨夜の最終戦は、6回79球1失点と好投していた大竹投手を下げ、リーグ戦を睨んで勝利の方程式をテストしました。
7回西村、8回マシソンと継投しましたが、マシソン投手が鈴木大地選手にまさかの2ランホーマーを喫して同点とされました。
これはマシソン自信のインコース高めの速球でした。これをジャストミートして右翼席に打ち込んだ鈴木選手に脱帽するしかありません。

マシソン2回、カミネロ2回と継いだ上に12回森福、高木勇と継ぎ込みましたが、2点を失いました。
しかし、その裏巨人も粘り、坂本の2塁打で1点を返し、なお2アウト2塁、マギーはこの日3度目の敬遠で、ロッテはこの試合3度目の亀井選手との勝負を選びました。
それもその筈です。亀井選手は、前2打席は全く精彩を欠いていました。
残念ながら、これで負けだと多くのファンは思ったに違いありません。私は、そう思いました。

江川卓氏は解説で、
「なぜか亀井選手はインコースの打ち方がぎこちないですね」
と言ってましたが、ロッテバッテリーは前の2打席では、笠に掛かってインコースをせめて成功しています。
驚くことに、この打席では、3球目のインコースやや高めのフォークボールを捕らえてライナーで右翼席中段に運ぶサヨナラホームランを放ちました。

亀井選手は、2度の屈辱を3度目で見事に晴らしたのです。
「本当に心が折れていたんで…奇跡としか言いようがない。これで最後だめだったら命を取られると思って」
と感じていたとのことです。

「どうしてこの様なことが出来るのでしょうか?」
と言う興奮したアナウンサーの問いに対して、
江川氏は、
「それは、それだけ練習しているからです。」
と答えました。

私には、江川氏の答えは意外でした。
亀井選手の才能や能力から説き起こされると予想していたからです。
改めて、このような時のためにプロ野球選手は厳しい練習しているのだな、 と感じた次第です。
多くの試合を観てきましたが、これほどの感動を与えられたことはありませんでした。

このゲームは、全員が出場して、全員が能力いっぱいを発揮しました。本当にチームが一つになっていました。
この様なことが長く続くとは思いませんが、リーグ戦に戻ってから、良いゲームを期待したいと思います。

このゲームで、残念ながら阿部選手が膝を痛めてリタイアーしました。
平均年齢が高く、ベテラン連中の活躍に依存する度合いの大きいチームですから、選手の健康管理が大事だと思います。

そして、打てる外野手がもう一人欲しいですね。
いま1軍にいるにいる橋本、石川、重信らの他、中井、岡本、藤村、和田などの若手から誰か出てくるか、トレードで確保できいないものでしょうか。

巨人は、現在セ・リーグ4位ですが、広島とは11.5ゲーム差です。
厳しいですけど、まだ優勝の可能性は残っています。



| スポーツ | 12:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 12:13 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://helio.jugem.jp/trackback/1705
トラックバック