CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

LINKS
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 米国は飾り羽が抜けた孔雀になって欲しくない | main | 読売ジャイアンツ 空気が一変した! >>
悲惨!読売ジャイアンツ

子供の頃から巨人軍の大フアンでした。
巨人はいつも強く、華やかでした。

しかし、今は違います。
弱く、非力で、観戦する人を元気にしてくれません。
毎戦毎戦今日は勝つか、今日は勝つかと期待して観ていますが、負け続きます。
13連敗の後ようやく日本ハムに1勝し、これで連敗の呪縛から解かれたかと思ったのですが、またその後連敗しています。

チームが小さくなって、萎縮しています。
対日本ハム3連戦で、昨年トレードで移った大田選手に手酷く打ちまくられました。彼が巨人に残っていたら、昨年までと同じように、巨人の勝利には貢献できていなかったでしょう。
日本ハムに移って、空気が変わったのか徐々に活躍をはじめ、この3連戦は、4番に据えるべき活躍をしました。巨人でも、昨年は何度か4番に起用されましたが。
久し振りに観た大田選手は、自信に満ちた顔つきに変わっていました。
巨人には、彼が成長しにくい何かがあったのでしょう。

今年の巨人は、坂本、阿部両選手が好調でスタートしました。その頃は、そこそこの力はありました。
他の選手がもう少し打つようになれば、優勝争いに参加できる勢いでした。
しかし、この両選手が失速すると、本当に弱いチームになってしまいました。
これまでの所、補強組が出遅れていること、若手の成長がほとんど観られなかったことで、昨年の懸案を持ち越しをしただけになってしまいました。
ファームに有力な選手はいないかと思ってイースタンリーグの試合も見るようにしていますが、1軍でレギュラーになれそうな野手は見当たりません。
若手の採用、育成方針の誤りです。
経営学の失敗例に出てきそうな事例です。

最大の問題は、親会社読売の関わり方の問題があります。
今や、新聞経営とは全く別のスポーツビジネスであるにも係わらず、読売トップが細かく口出しをし、球団上層部を、新聞記者の天下りで占めてきた付けが出てきたと思います。

常勝巨人軍、そしてセ・リーグを支えてきた巨人が、いつの間にかリーグのお荷物になり掛かってしまいました。
強く魅力のあるチームにするために、冷徹な経営が必要です。
このままでは、数年は低迷が続くのではないでしょうか。
| スポーツ | 15:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 15:20 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://helio.jugem.jp/trackback/1704
トラックバック