CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

LINKS
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORIES
<< お陰様で79歳 | main | 総理大臣夫人には秘書とSPは必ず付けよ! >>
WBC終了、桜開花と稀勢の里優勝そしてNPB開幕

WBCは、米国に惜敗でしたが、メジャーリーガーが各国に戻って出場するようになり、世界の水準が一挙に上がりました。
その結果、日本は1次リーグ、2次リーグとも苦しい戦いを勝利し、全勝で準決勝に進みましたが、いつも日本が苦しめられていた韓国や台湾は1次リーグで姿を消してしまいました。

日本は準決勝で米国と戦い、残念ながら1−2で敗れ、決勝進出はなりませんでした。
今回の日本チームは、20歳代の選手を中心に編成され、小久保監督の下にまとまりの良いチームでした。監督をはじめとする指導陣と選手たちとの意思疎通も良かったのではないかと思います。
好感の持てるチームでした。

そして、一戦毎に強くなってきたように思います。
しかし、米国に渡っての準決勝となり、勢いが殺がれたようにも思いますが、実力の差ですかね。日本の投手も頑張ってましたが、米国の投手も手強いと感じました。。
それでも、ベースボール発祥の地の米国で、米国チームと接戦の末、敗れたのですから仕方ありません。その米国チームが優勝したのですから、良しとしましょう。
お疲れ様でした!

本日、NPBのオープン戦の最後に、出場したWBC組の選手もいましたが、矢張りWBCの疲れは相当なものだったようです。
ただし、WBCで評価を上げた巨人の小林捕手は元気だったように思います。

31日に開幕するNPBの熱戦に期待したいと思います。
楽しみです。

そして今日は、新横綱稀勢の里が負傷を圧して優勝しました。

この様に、スポーツ界は、明日に繋がったり、元気の出る話題がありますが、国難が迫りつつあるのに、日本の国会には呆れました。
メディアと野党が組んでいるがごとく、政策ではなく政局ねらいのゴタゴタが続いています。
韓国を笑っていましたが、それに似た風景で、残念なことです。
メディアと国会議員の資質を向上させるにはどうしたらよいのでしょうか。結局は、メディアに煽られたり、国会議員を選ぶ国民の資質の問題だという結論になりますが。
立ち直る気配を感じません。

| スポーツ | 22:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:09 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://helio.jugem.jp/trackback/1694
トラックバック