CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

LINKS
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 隙だらけの日本隙だらけの日本人から早く脱却を | main | お陰様で79歳 >>
運転停止中原発がミサイル攻撃に最も脆弱なのでは

3月6日、北朝鮮のミサイルが5発ほぼ同時に打ち上げられ、その内3発が日本のEEZの同じような海に打ち込まれ、その近くのEEZの境目に1発が落ちたと報道されていました。
それらの発射地点からの距離は1000キロと言われています。
そして、北朝鮮は、日本にある米軍基地攻撃の演習であった、と延べています。
それに該当する基地は、米海軍佐世保基地、山口県の米海兵隊岩国基地だそうです。

そんな驚くべき事態にもかかわらず、国会は、9日付で、北朝鮮への抗議を決議しましたが、ミサイルに対する防衛対策などには全く議論が行かない状況となっていて、豊中の学校法人の不可解な言動に集中している状況になっていました。
特に、野党の危機感のなさは驚くべきことです。

北朝鮮は、在日米軍基地攻撃と言っていますが、1000キロ以内であれば、発射位置を南東に移せば、日本の多くの地域への攻撃能力を持ったことになりますから、大都市への核攻撃、化学生物兵器攻撃も視野に入ります。
私が心配しているのは、原発への攻撃です。

プレミアム・フジという番組で、森本元防衛大臣が、もし原発に核攻撃が行われた場合には、原子炉はその程度では壊れないが、核弾頭による放射の被害は出る、という趣旨の話をしていました。
原子炉の堅牢性はミサイル攻撃程度では破壊できないらしいことが分かりました。
福島では、水素爆発で建屋が壊され、燃料プールにあった使用中の燃料棒から放射能が散ったが、原子炉は壊れなかった。ただし、電源喪失の結果、原子炉の底を溶かして、原子炉の下に融け落ちている状態で、現在、その対応に追われているようです。

それで、核燃料は、原子炉に入っていれば安心、原子炉から取り出して燃料プールの入れて冷却中のものが一番危険なのではないかと愚考した次第です。

wikiで調べてみると、現在、36基が運転していない状態にあるようです。その他に廃炉が決定しているももありますから、ミサイルなどの格好の攻撃目標が日本全国に散らばっている状態です。
恐ろしいことです。

メディアは、これに警笛を鳴らし、原発は、運転休止にしておくのが最もリスクが高いことを国民に知らせる使命があるのではないかと思いますが、なんか、韓国のメディアが今の混乱を作り出したのとよく似ていますね。
メディアと野党で、朴大統領を引きずり下ろしたのとよく似た構造です。
今、日本にとって一番大事なことは国防です。
当面のこと、中長期のこと、しっかり国民に国防を考えさせる役目を果たすべきです。

燃料プールの中に入れられている燃料棒が、ミサイルなどのターゲットになってしまえば、福島の惨事どころではありません。

素人のこの考えが間違っていたら教えていただきたいと思います。
| 原子力発電 | 21:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:07 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://helio.jugem.jp/trackback/1692
トラックバック