CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

LINKS
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 次の時代の日米関係構築 | main | 年賀状準備の時期 >>
米国のパラダイムシフト

今年は、カリンの実が沢山稔っています。10月に植木屋が、隣家に落ちそうな実を採ってくれましたが、残った実は強風下でもめげず、この様に色づいています。
カリンの実は、とても堅く、包丁を通すのに一苦労です。時折、ヒヨドリがやってきて、啄もうとしますが、嘴が通らず、諦めて行ってしまいます。

世界が、トランプ次期米大統領を見極めようと注視しています。
選挙中には、かなり思いきったことを言っていましたが、一部は修正し、一部はより強く強調するなど、大統領就任後、どのような政策を実行するのかは未だ読めません。世界中がどうなることかと見つめています。
オバマ政権の政策を、ことごとく否定しているようで、どこまでそれを徹底できるのかが焦点です。

金融筋は評価しているようです。
今日は上げ一服となりましたが、米国株式市場はトランプラリーが続いています。
補佐官人事は進み始めていますが、国務、国防両長官人事はこれからです。これらが徐々に明らかになって、この政権のベクトルが想定できるようになるでしょう。
いずれにしても、来年1月の新政権発足までは、米国内外の気をもませることになるでしょう。

トランプ氏の評価は、米国の多くの識者が誤ったように、功罪相半ばする面があるようですが、いずれにしても民主主義のルールの中で、このようなパラダイムシフトが行われていくことに敬意を表したいと思います。

翻って、わが国会で、少数派がまともな議論を避け、見苦しい審議進行の妨害、採決妨害などで選挙民に訴えようとする現状は、本当に情けない状態です。
民主主義を自分たちで造り上げた米国と、米国から民主主義を与えられた日本の違いでしょうか。

それよりも、もっと酷いのが隣国韓国の現状です。
自分たちが選んだ大統領を引きずり下ろすのに、国を挙げて騒然としている現状を見ると、形だけの民主主義の空しさを感じてしまいます。

キューバの50有余年指導者であったフィデル・カストロ元議長が亡くなりました。
日本が、60年安保の前年で、左翼、共産主義思想が強かった頃のことですから、日本のメディアはキューバの共産主義革命を高く評価していました。
隣国米国と断交し、旧ソ連圏の国家としか交流できない状態が続きました。多くの亡命者を出しました。
国交回復を果たしたオバマ大統領が、カストロ議長は歴史が評価する、と評したのはけだし的確な表現だったと思います。
明らかに独裁政権でした。
この国のことはよく知りませんが、独裁に付きものの腐敗の報には接しませんでした。
それが、この独裁者が評価される点なのでしょうか。

トランプ政権が発足するまでは、世界中がイライラするとともに、それまでの間にも、様々なことが起こることでしょう。
| 政治、外交 | 14:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 14:26 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://helio.jugem.jp/trackback/1677
トラックバック