CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

LINKS
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 「敬老のつどい」に初参加 | main | 地球は温暖化?寒冷化? >>
暴走黒田日銀に代わる次の総裁を検討する時期

どうやら暴走を続けていた日銀は、一旦、ここで立ち止まるようです。

白川前総裁は、伝統的な金融政策を固持して、デフレ下の日本を益々デフレに追い込んでしまいました。
安倍首相の再登場とともに、黒田日銀総裁が登場しました。
新総裁は、金融政策を大幅に変更し、金利、マネー供給の両面から、破格の超緩和金融政策を採りました。市場は好感し、株価は高騰しました。

しかし、安倍政権が、政権交代時の約束通り、消費税3%上げを実施した結果、慢性的なデフレが続いています。生産年齢人口減少下の日本での3%の消費税上げは無理だったのです。
財務省は、残りの2%引き上げを諦めていません。
財務省OBである黒田総裁は、残りの2%上げの環境を作り出そうとして、非常識な金融緩和を続け、ついにマイナス金利にまで踏み込んでしまいました。
しかし、景気は低迷したままです。

破格の金融緩和は、スタート直後こそ良い影響を与えましたが、それ以降の緩和の深掘りは無駄だったのではないでしょうか。
デフレ脱却は、政府による構造改革がなければ不可能なことです。
古い日本のままでは、デフレ脱却は出来ません。
安倍内閣としては、TPPが頓挫しかかっていて、構造改革の柱が動き出せないのが大きな誤算でした。そんなことで現在、デフレ脱却の決め手は見えていません。

そもそも、金融政策と財政政策が同じベクトルで動きすぎるのは、好ましいことではありません。
財務省悲願の消費税引き上げを、経済の状況が好ましくないにもかかわらず、積極的に環境整備を急ぎ、日銀が後押しするのは、いかがなものかと思っていました。
ここまで日銀のBSを膨らませてしまって、どのように日銀の健全性を回復するつもりなのでしょうか。

今後は、マイナス金利の弊害を除くためにも、国債のイールドカーブを適正に維持したい意向のようですが、日銀は、短期金利はコントロールできても、長期金利のコントロールは難しいと思います。

日銀の暴走はとっくに止めておくべきでした。
黒田総裁の任期はあと1年半、白でも黒でもない金融を熟知した次の総裁を捜し始める時期です。
| 経済ビジネス | 11:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 11:09 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://helio.jugem.jp/trackback/1669
トラックバック