CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

LINKS
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 大過ない一年だったが世界は混乱へ | main | 正月の感想 >>
謹賀新年
送信者 橘フォト3

明けましておめでとうございます。

  申年や逝きし親父の年数へ 酔生

53歳で逝去した亡父が申年だったので、年を計算してみたところ今年で108歳になります。
亡くなったのは、私が就職した年の秋のことでした。
人の命は分からないものです。
私の53歳といえば、その就職した会社を退職させられて、子会社に移されていました。何とも力の入れようもなく、妙な気分で仕事をしていました。
考えようによっては、私が志したビジネス人生は既に終わっていたようなものです。

倅は今年50歳になります。彼の祖父が亡くなった年に近づいていることを話さなければなりません。

私が一時所属していた証券界では、申年は、「騒ぐ年」とされています。
大晦日のエントリーでも書きましたようなことを前提にしますと、今年は、騒乱の年になりそうな予感がします。

今年もよろしくお願い申し上げます。
| 身辺雑話 | 00:00 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - |
コメント
遅ればせながら、明けましておめでとうございます。本来は寒中見舞いとすべきところをお許しください。本年もよろしくお願い致します。

私たちの団塊世代や少し上及び一回り下の世代も危機感が相当持っています。金曜日の親しい仲間の新年会でも、現役トップ、学者、ジャーナリストなど様々でしたが、戦争と世界経済に対する危機感で盛り上がりました(盛り下がったのかもしれませんが)。今年はリスクが顕在化する緊張感がある年になりそうです。
| asktaka | 2016/01/11 2:00 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://helio.jugem.jp/trackback/1626
トラックバック