CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

LINKS
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 音楽がいっぱいな週末でした | main | 満77歳の誕生日 喜び寿ぐ日なのだ >>
今年の巨人は弱そうだ ストレスが溜まる

プロ野球オープン戦を観ていると、毎日毎日弱い巨人を見せつけられます。これでは、巨人ファンはたまったものではありません。
チームの雰囲気も悪そうです。成績が成績だからか、チームに笑顔がありません。深刻な雰囲気で、ベンチが暗い感じです。もしかしたら、このチームは大変なことになっているかもしれない状況です。
菅野を除いて、ローテーション投手の候補が、パッとしません。
打線も貧打の連続です。

投手陣では、先発組を揃えるのが苦労しそうです。
昨年より好調な投手は、オープン戦を観るかぎり、いそうにありません。精々昨年並み、場合によっては、昨年並みまで行かないかもしれません。希望は、ルーキーの高木勇投手です。
セットアッパーは、山口が手術明けで好調のようですが、これまでのような無理はさせられないでしょう。マシソンは、ある程度の信頼性がありますが、これに新人の戸根に加えて、笠原、江柄子、ローテーションに入れなかった場合の、西村、今村の中から調子の良い人を使っていくことになるでしょう。
クローザーは、沢村ということにしているようですが、これが期待通りに働くかどうか。これまでの実績から、やってみないと分からないと思っています。

打撃陣は深刻です。
このままでは、オフシーズン中に手術をした長野、アンダーソンが復帰してきても、昨年のレベルには達しないのではないかと心配しています。
チームの主砲阿部は、一塁手にコンバートされて、打撃に集中することになっていますが、キャンプのはじめの段階で故障するなど、一年を通して、4番バッターが務まるとは思いません。締まった身体を観ると、期待したくなりますが、かなり下半身が弱っているのではないかと心配しています。
ただ一人、昨年より良い、と思われた大田は、早々と肉離れでリタイアー、復帰できるのは交流戦の頃でしょうか。故障明けに同じようなパフォーマンスを維持できるかは分かりません。中井、橋本なども精彩がありません。
理解できないのは、マイペースで調整できるベテラン連中(高橋由、井端、相原、金城、セペダ)に実戦の機会を与え、将来を担う若手のチャンスを奪っていることです。
160キロマシーンを導入したということですが、オープン戦で見ている限りは、速い球に振り遅れ、変化球に空振りしているシーンが目立ちます。
トレーニング方法は正しかったのでしょうか。

ベンチのスタッフも大分代わったようですが、このコーチングスタッフは正しいことを指導しているのでしょうか。

補強も渋かったですね。
中日もそうですが、親会社の新聞社の経営が厳しくなっているようです。朝日新聞の購読者が減ったようですが、読売新聞も激減のようです。この新聞系2チームの将来は暗いのかなあ、なんて感じてしまいます。

私の感じるかぎり、今年の出だしは、昨年CSで、阪神に連敗した時のチーム並みだと思います。
ストレスがたまります。
| スポーツ | 18:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 18:02 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://helio.jugem.jp/trackback/1579
トラックバック