CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

LINKS
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 歴史を捏造し進路を誤る韓国 | main | 転地療養みたいな生活 >>
3年間の政治的安定期間を正しく活用すべし
送信者 橘フォト9

参院選が終わりました。
各メディアによる事前の調査で予測されたとおりの結果になり、自公が参院でも多数を征することになりました。5年間続いた衆参のねじれが解消し、次の参院選まで、3年間の政治的安定期に入ることになりました。
これは、戦後政治史上、珍しい安定期間です。
大事にしてほしいと思います。

2007年7月、第一次安倍内閣下の参院選で与党が参院の多数を失って以来、6年間の衆参ねじれが続き、政治が混乱しました。その間、2009年9月から、2012年12月までは民主中心の政権でしたが、これも衆参ねじれ下の政治でした。
まあ、政治的には失われた6年でした。

その間、悪いことばかりではありませんでした。
ばらまき思考の民主党が、政権の座について気づいたり実行しかかったことで、重要なことがいくつかあります。
消費税増税が必要なこと、TPP参加への意欲を示したこと、公平な徴税に必要なマイナンバー制度を導入したことなどです。
これらは、いずれも自公の協力で進められましたが、民主党が野党で、与党である自公が提案したら、おそらく民主は反対に回っていたことでしょう。
それぞれ安倍政権に引き継がれて実行に移されます。

幾多の政治課題がありますが、当面大事なことはデフレ脱却と消費増税の実行です。
これは必ず実行しなければなりません。それぞれが逆方向の政策ですが、経済に浮揚力をつけて、何とか乗り切らなければなりません。
これまでは、参院選の前ですから、法人税減税や痛みを伴う政策を強く打ち出しにくかったのですが、これからは、進めなければならないことは、遠慮なく実行しなければなりません。

中韓との外交に関しては、歴史などのイデオロギー論争は避けて、実質を採っていく態度で対応すべきだと思います。
メディア論調はともかくとして、安倍政権がこれまでの政権と異なって安定していることは両国とも良く分かっていますから、政府ベースの獅子吼はトーンダウンしているのではないでしょうか。

いずれにせよ、北朝鮮問題がどのように解決していくのかを良く見極めなければなりません。
現状では、中韓vs日米の方向に向かっているようですが、北朝鮮は日米に接近したがっているように思います。
日本としても、中韓の影響が強くなることは好ましいことではありません。北朝鮮が最も嫌っているのは中国でしょうし。

この間、最も心配なことは自民党内の内部抗争です。
昨年の総裁選を争った安部首相、石破幹事長が平仄を合わせて行ければ問題ないとは思いますが、国会議員の数が増えて、派閥単位の猟官運動が起こってくるのが心配です。
ただ、この二人に対抗できる人材が当面見あたりません。
過去の挫折の経験を肝に銘じて、日本をしかるべき国に押し上げる3年間にしてほしいと願っています。
| 政治、外交 | 17:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 17:07 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://helio.jugem.jp/trackback/1444
トラックバック