CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

LINKS
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 坂道を転げ落ちるように凋落が続く日本 | main | 最低の政治倫理を見せられた >>
日本近海の海洋汚染を管轄している省庁はどこですか
送信者 橘フォト7

沖縄、西日本を通って、一部の地域には集中豪雨の被害をもたらした台風2号は、昨夜の内に関東地方を去って、東日本大震災の被災地域に豪雨をもたらしています。
東京では台風一過、昼頃には、澄んだ青空の中を雲が北から南へと飛んでいました。久し振りに明るい気分になりました。

雲の飛ぶ様を写真にと思い、ベランダから撮りましたが、PCに写してみて、可成りカメラの内部が汚れていることが分かりました。青空を撮ってみるとそれが良く分かります。
慌てて、マニュアルを引っ張り出して、クリーニングモードの操作方法、ゴミの落とし方を調べて実行しました。そして、改めて撮り直しましたが、残念ながら、空の様子は変わってしまいました。

透き通ったような空になっても、放射線は飛んでいます。
東京都が放射線量をモニタリングしているとのことで安心していましたが、この様な記事を見つけました。
共産党都議団が、1mの高さの地点で、延べ128カ所を調べたそうです。
東京都のように、18mの高さで測定しているのでは、可成り意味は薄くなりますね。ヤッパリお役所仕事でした。
今や、反政府原理主義者たる共産党だけが正しいような気になってきます。
政府や中央官庁が駄目なら、地方(東京都)があるさ、と思っていたのに、落胆させられました。

メルトダウンの結果、放射性物質は、地中から地下水へ、そして海中に流れ込んでいると想定されます。
海産物の汚染が心配ですが、漁協ベースでサンプル調査をしているだけです。
政府は海洋汚染に真剣に立ち向かっているのでしょうか。
漁獲類や海草などの海産物については農水省が所管していますが、海水そのものの汚染などを所管している官庁はないように思います。汚染の範囲などは、農水省が勝手に想定してサンプリング調査をしているのでしょう。

東電が、原発から一定の距離の海水については、モニタリングしているようですが、領海、或いはそれに近接する公海の海水汚染のモニタリングはどうなっているのでしょうか。
少なくともメディアの報道では見かけません。
この様なデータの把握は、日本の消費者保護の観点はもちろんのこと、国際的な責務ではないかと思います。
| 原子力発電 | 15:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 15:15 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://helio.jugem.jp/trackback/1248
トラックバック