CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

LINKS
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 貧打の巨人好投沢村を援護できず | main | 坂道を転げ落ちるように凋落が続く日本 >>
海水注入中断してなかった 深刻な官邸の実情
笑ってはいけませんが、笑ってしまう話です。

関東大震災翌日の3月12日に福島原発第一号機への海水注入をめぐって、東電が海水注入に踏み切ったが、これを中断し、統合対策室の会議の決断を待って、55分間の中断後、再注入に踏み切ったとされる問題で、その中断が事態を悪化させたのではないかとして、誰の指示で中断されたかが問題になっていました。

政府のレポートでは、斑目原子力安全委員長が
「再臨界の危険性がある」
と言ったとされましたが、同委員長の抗議によって
「再臨界の可能性はゼロではない」
と言ったと訂正されました。
そして菅首相は、指示していないと言い張っていました。

この記事の依ると、

(東電の)本社内では「海水注入については首相の了解が得られていない」として、いったん注入を停止することを決めた。しかし、実際には発電所長が「事故の進展を防止するためには、原子炉への注水の継続が何よりも重要だ」として、注水を継続していたという。

だそうですから、なんだか笑いがこみ上げてしまいます。

当初報道されていましたが、東電の海水注入を聞いて、菅総理が、「聞いていない」と不快感を示して、怒鳴ったそうです。専門家気取りの首相は、自分が指示した形にしたかったのでしょうか。
それを東電側が忖度して、中断の指示を出していたようですが、実際は、賢明な吉田所長がこれを無視して海水注入を続けていたとのことです。
その「聞いていない」も、どうやら政府内の連絡不行き届きだったそうですから、誠に格好が悪い話です。

危機管理の駄目ケースとして、ビジネススクールの教科書に出るくらいの駄目なモデルケースです。
一方、「愚劣な政府と士気の高い福島原発現場」でレポートしたように、現場はしっかりしていて、正道に乗って駄目な政府や本社の指示を無視したようです。

また政府はレポートを修正するのでしょうか。
実情が分かれば分かる程、情けない連中に政権を渡してしまったものだと思います。
| 原子力発電 | 17:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 17:28 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://helio.jugem.jp/trackback/1246
トラックバック