CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

LINKS
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 人生の終わり近くにいることを感じる | main | 防衛保安機構に愛想を尽かされつつある政権 >>
尖閣衝突映像流出事件は保安庁の内部問題
送信者 橘フォト6

尖閣衝突映像流出事件は、段々と海上保安庁に内部問題の様相を呈してきました。組織内の処分で済む話ではないでしょうか。

それまで、この種映像は、保安庁の中では公開され、保安庁の役割についての国民の理解に向いたものはホームページ上で公開してきていたようです。今回のものもその様な扱いを受け、研修資料として活用される方向で進んでいたようです。
それを、政府の外交上の観点から、突然秘密扱いする事になったために、厳重に金庫に保管しました(笑)。
しかし、保安庁内部では、その扱いに納得していない人が多く、金庫の中のもの以外にもコピーが作られて、その中の一部(保安大学校)から流出したといわれています。

一番悪いのは、巡視船に特別に強化した船首を衝突させた中国漁船の船長で、これは検察の判断(国民は誰も信じていない)で、外交関係を配慮して処分保留のまま釈放帰国させてしまいました。
現在、任意という形で警察が、流出させた海上保安官を取り調べていますが、逮捕する程のことはないような雰囲気になってきました。
そして、起訴をすることも難しいのではないかと思います。

そもそも、ぶつけた船長を起訴せずに、その映像を流出させた海上保安官を起訴するとは、いかにもバランスを欠きます。
仙石官房長官が怒り、海上保安庁は組織の立場として告発せざるを得なかったことだと思いますが、映像公開を求めていた世論の大勢は流出を咎めてはいません。
検察庁としても、政治に屈して船長を釈放したために国民から強い不信を被っているのですから、この件の幕引きは政治との絡みで難しいところです。
中国人船長を起訴猶予にし、その前に小沢前幹事長を不起訴にしておいて、その上にこの保安官を起訴することになったら、国民の怒りが最高潮に達することでしょう。

問題は、無能な政権の判断ミスというか、対中姿勢に始まったことです。
屁理屈を捏ねまわし、国民感情を無視した上に、やたらと弱いもの(官僚も含む)に刀を振りかざす官房長官などは、国民不敬罪で捕まえて欲しいですね。
| 政治、外交 | 15:51 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 15:51 | - | - |
コメント
内部告発者を護るウィキリークスを知っていたなら、
素早く追突ビデオ流れて誰も傷つかなかった。
反日も反中デモも無かったと思います。
機密があるのに民主主義ですか?知る権利を保障しないのなら。
間違った投票で住みにくい社会にしてしまうのを恐れます。
反日感情の恐れより、事実が機密扱いされる意味を議論すべきだと思います。
米では前の大統領が事実と違う発表で戦争を始めたのを、
ウィキリークスが機密を漏らしていたら。
自分の思い違いの政治家に投票し住みにくい社会にしてしまう愚かさが分ったと思います。
| 太郎 | 2010/11/13 4:13 PM |
太郎さん、コメント有り難うございます。
国益を守ることになるのであれば、機密も必要な場合があるでしょう。しかし、これは機密でも何でもありません。
国民が知っている事実の説明材料に過ぎません。

この政権を選んだ人たち、大いに反省していただきたいと思います。
| Helio | 2010/11/13 11:34 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://helio.jugem.jp/trackback/1169
トラックバック
海上保安官 映像 神戸海上保安部
毎日変わる、新しい情報をチェック!話題に困ったら………******トレンドが1分でわかる。毎日更新情報!******尖閣衝突映像流出事件は保安庁の内部問題 | 橘 江里夫のブログ 現在、任意という形で、流出させた海上保安官を警察が取り調べていますが、逮捕する程のこと
| パーフェクトワールド | 2010/11/14 6:19 AM |