CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

LINKS
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORIES
きずなを大事にするのはよ良いがこれは両刃の剣
送信者 橘フォト8

週末に三鷹に帰って、今週早々に戻る予定にしていましたが、大事な友人の死があり、お通夜、葬儀を済ませて、8日(水)にこちら茅野に戻りました。
東京の暑さも、朝晩が楽になりピークを過ぎたように感じましたが、こちらは、既に秋の風情で、ウルシの紅葉がはじまりました。そういえば、いつの間にか立秋も過ぎていました。

こちらでは、例年高校野球、プロ野球のTV観戦をしていますが、今年はこれにに加えて、メディアはロンドン五輪一色で、辟易しています。
それでも気になるので、普段関心のない競技も放送していれば観てしまいます。
今朝は、午前4時頃目が覚めたので、TVをオンにすると、女子サッカー決勝の放送中で、ちょうど米国が1点入れた後でした。いつもはその時間から一眠りするのですが、ついそのまま最後まで観てしまいました。
お陰で寝不足です。

五輪を観ていて、競技によって選手のマナーというか教養に差があることが分かりました。
感心したのは、水泳の選手たちで、インタビューの応え方も好くできていました。
戦前の軍隊でも、海軍が国際的で視野が広かったようですが、それと似たような印象を持ちました。
困ったのは、結果が出なかったこともあって、柔道の選手たちの、日本柔道界のことだけを頭に置いた受け答えで、考えが狭いなあと感じました。柔道界の指導者たちの考えが反映しているのでしょう。
このスポーツの置かれている立場がよく分かりました。

北京では、日本は、チーム競技が強くないと感じましたが、今年は、男女サッカー、女子バレーなどの活躍があって、その印象が変わってきました。
水泳の選手も、チームを強調していましたが、きずな世代とでも呼べる世代が、徐々に育ってきているように感じました。
しかし、きずなを強調し仲良くすることを重視する社会風潮が広まると、そのきずなの輪に入れない人たちの疎外が起きます。
いじめなどもこの脈絡に入るものがあるのではないでしょうか。

これも両刃の剣だと感じました。
個を尊重することが基本だと思います。その上できずなを大事に出来るかどうかです。

JUGEMテーマ:スポーツ

| 教育 | 13:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
賢さの基礎は国語と算数
送信者 橘フォト3

昨年のすみれの花の咲く頃は、北京五輪聖火リレーでロンドンが騒然としていました。
随分昔のことのように思いますが。僅か一年前のことです。
この一年間の世の中の変化は、激しいものでした。
世界中の人々、企業、ファンド、国などが、ほぼ全てに亘って多くの富を失いました。世界中が雇用不足の陥り、政府は大わらわです。どの国も、政権が不安定になっています。

しかし、春は確実にやってくるので嬉しいですね。。
サクラは、今年は、これでもかというほどに長く咲きました。地味なスミレもしっかり咲いています。
株価も、もしかしたら底を打ったのではないかとも思えます。ゆっくりですが、回復の方向へ向かい出したのでしょうか。
とは云え、一進一退を繰り返しながら、リカバリーには長い年月を要するのではないかと思います。

ゆとり教育見直しの前倒しで、小中学校の数学、理科の時間が長くなったそうですが、国語はどうなのでしょうか。
これからは、真に賢い人だけが成功します。賢さの基礎科目は、国語と数学(算数)です。
特に、小学校では、この2科目だけは徹底的に鍛えて欲しいと思います。他の科目は、この2科目の上に構築されます。外国語などは、国語の基礎がしっかりしていないとものになりません。

賢い子供たちを作り、賢い国になって欲しいと思います。
| 教育 | 15:20 | comments(4) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |