CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

LINKS
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORIES
顔面の成長する大きなホクロの摘除をした

丁度20年前のことになりますが、上の右目の内まぶたの2〜3ミリ下に、小さいながら深い黒の輝きを持ったホクロのようなものが気になったので、皮膚科に診て貰いました。
検体検査の結果、基底細胞ガンとの診断を受けました。
全身麻酔による手術で切除し、その後何事もなく今日に至っています。
先生には、良く自分で見つけた、と褒められました。
そして、こんな小さいものを処理したのははじめてだ、とも言っていました。

3年前にも書いたことがありましたが、顔面の大きなホクロを気にして近所の皮膚科の診察を受けたことがあります。
その時の診断は、このままでも良いし、摘除したいというなら今やりますよといわれて、取り敢えず様子を見ることにして帰ってきました。
ところが、その後ホクロは段々と大きくなり、上のものは人差指の先よりも大きくなってしまいました。しかも、厚みも出て盛り上がってきました。
幸い、眼鏡の蔓の下に当たるため、他人は案外気にならないかも知れませんが、最近は若干の痒みを覚えたり、手や櫛が思わず触れたりするようになりました。

そんなことで摘除の意志を固めて、近隣の皮膚科の中から、形成外科も兼ねている医院を選び、4月27日に診察を受けました。余り混んでもなく、感じの良い医院だと思いました。
担当の女医さんは、
「もう取った方が良いですね。」
ということで、7日(土)に予約をしました。

当日行ってみると土曜日ということもあってか、座りきれないほどの患者がいましたが、予約時間きっかりに処置室に入り、治療を受ける体制で横になりました。
看護師が、灯りをつけるので眼を閉じるようにと指示しました。
そうして待機している間に、院長先生が現れたようで、
「麻酔をするので、少しチクッとします。」
と言って麻酔注射をし、余り時間をおかずに治療に入りました。

ホクロを切り取っているような感じがしていましたが、途中で、看護師から別の患者についての質問があり、数分、その患者のところに行って戻ってきて、続きの処置をやり始めました。中断を含めて15分ぐらいだったでしょうか。

終わると院長は別の患者のところへ行ってしまい、一言も語らず、眼を閉じていたので顔も見ていません。
こちらは、大変緊張していましたが、先方にとってはルーティンみたいなことだったのかと思いました。
別の部屋に移され、看護師から、アフターケアの説明があり、説明のペーパーを渡されました。
まあ、ベルトコンベアーに載せられた感じで、何となく釈然としません。

私が受けたのは、炭酸ガスレーザーによる治療だったそうです。
傷をきれいに治すために、傷を清潔な湿潤環境に保つことが肝要なようです。
4日分の抗生物質と、痛み止めを処方されましたが、痛み止めは使う必要はありませんでした。
簡単な治療だったですが、しばらく傷口のケアが必要で、それには結構神経を使います。

この写真、アップするには勇気が要りました(笑)。
年寄りの顔は汚いですね(涙)。




| 健康 | 16:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
ノロウイルスではなかった!

14日(月)の午前11時頃から下痢がはじまり、最初は軽く考えていましたが、それが段々酷くなりました。
下痢は、翌15日(火)の朝まで続きました。もちろん殆ど眠れませんでした。
お昼頃には症状が治まって、食事に対する拒絶感のようなものも少なくなり、お粥などを少し食べて、安静にしながら回復を待つことにしました。

その夜は、よく眠れました。
しかし、14日(水)朝、目が覚めてみるとなんだか熱っぽい感じがあって、検温すると微熱がありました。
これは、単なる腹こわしではない、と考えて医者に行きました。
感染性胃腸炎と診断されました。

病原体は、検便してみないと分からないので、便を持参するように言われました。
困ったことに、翌日採便しても、その医院は木曜日が休診です。
結局、随分と悠長な話ですが、本日持参となりました。
便のサンプルは2本で、その内1本は医院で調べて、取り敢えず、ノロウイルスはマイナスだったと告げられました。もう1本は、専門機関で培養検査するそうです。あと10日位かかるそうです。

不思議なことに、殆ど同じようなものを食べている妻は何ともありません。
潜伏期間を含めて、私だけが食べたものは二つありますが、素人が想像で特定するのは止めておきます。

今年の杉花粉飛散は、今日辺りがピークではないかと思われますが、年々花粉症の症状は和らいできていて助かっています。
花粉症は、免疫細胞の過反応が引き起こすそうですが、加齢により、免疫機能が衰えたのではないかと考えると、症状の緩和は喜んでばかりはいられません。

山椒の新芽の季節となりましたが、ここのところの暖かさや、春の味覚を味わうこともままならない1週間となりそうです。
長らくブログを更新できなかった言い訳を兼ねて、体調不良のご報告となりました。
| 健康 | 14:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
風邪を引かないためのおまじない
送信者 橘フォト2015
(冬至の空)
風邪の季節になりました。
一昨年は、夏風邪を引き、2ヶ月以上不快な想いをいたしました。
昨年も11月に、2週間ほど風邪に悩まされました。
高齢になると、風邪は、場合によっては肺炎などを併発し、命取りになります。

そこで、私が心がけている、おまじないみたいな(笑)風邪予防策を2〜3ご紹介させていただきます。

1.舌の掃除
リタイアー後は、3回の食後に、歯科医の紹介による米国製ウオーターピックという機械で、ジェット水流による歯の掃除をしています。
今年に入って、歯科衛生士から、舌の掃除をするように勧められました。ウオーターピックに舌掃除用のノズルが入っているのを思い出し、夕食後ないしは就寝前に限ってそれを使用して舌の掃除をしています。
以前、TVで風邪の少ない学校の紹介があり、歯科衛生士による舌の掃除指導が行き届いているから、とのことだったのを思い出したので、はじめてみることにしました。

2.鼻呼吸テープ
多くの人が、眠っている間は、鼻呼吸ではなく口呼吸しているようです。
鼻呼吸ではなく口呼吸していると、風邪を引きやすいようです。イビキの原因や無呼吸症候群になりやすいとも言われています。
私は、間違いなく口呼吸をしていました。朝、眼が醒めると口の中が乾いてカラカラなことがありました。勧められてマスクをして寝ていました。
そこで、試しに鼻呼吸を促す口封じテープを購入して使ってみていますが、今のところ快適な睡眠がとれ、鼻の具合も良くなっているように感じます。

3.ココアを飲む
鼻炎、気管支炎などアレルギー性の疾患を抱えているため、ココアを飲むことを勧められました。含まれているポリフェノールが良いそうです。
これは、風邪防止というよりは、呼吸器の状態を良く保つのが目的ですが、間接的に風邪防止になっているのではないかと思います。
朝食後、ココアを飲む習慣になって数年になりますが、便通が安定する、髪の毛が白くなるのが止まって、むしろやや黒い毛が増えたように感じます。

もちろん手洗い、うがいに努めています。
柿やミカンなどビタミンCが豊富な果物をよく食べるように心がけています。
その上に私が心がけているおまじないレベルのことをご披露させていただきました。
| 健康 | 16:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
ノロウイルス病んでいる間も梅一輪
送信者 橘フォト2015

我が家の紅梅は、この寒空の、夜には雪になろうかという氷雨の中で、漸く一輪だけ花が開いていましたが、高いところなので撮影できません。
この写真は、去る2月7日(土)に、神代植物公園で撮影したものですが、イメージを代用させていただきます。

ノロウイルス病んでいる間も梅一輪  酔生

更新が遅れていましたが、この様な事情のためです。

2月14日(土)の朝から下痢がはじまりましたが、食べ過ぎたり、飲み過ぎたりした時に、偶にそのようなことがありました。それでも、夕方には治っていて、夕食は普通に食べられていました。
最近の私は、朝晩はしっかりと食べますが、昼食はきわめて軽いもので済ますようになっています。ところが、仲間の加齢に伴って、これまでの夜の会合が昼に変わってきつつあります。昼、しっかりしたものを食べることが増えてきました。
先週は、木、金と続けてしっかりした昼食を摂った後のことですから、はじめは食べ過ぎだと軽く見ていました。しかし、夕刻になっても治りません。異常だなと気がついた頃には、医療機関の診療時間が終わっていました。

結局、翌日曜の朝まで下痢が続き、胃は、水も受け付けなくなっていました。脱水状態です。
近くの医師会館の休日診療で診察を受けて、一日分の薬を処方され、かかりつけの医院に月曜日には必ず行くように、との指示を受けました。
月曜の診断で分かったことは、目下流行っている感染性胃腸炎に罹ってしまったようです。ノロウイルスかもしれないから、便を検査するとのことで、翌火曜日に便を提出しました。
検査結果は、培養期間があるので7〜10日かかるそうです。
処方された薬が効いたのか、食事療法が効いたのか、お陰様で下痢は止まり、治りつつあるように感じます。

今週の金曜日までの薬を処方されているので、それを飲みきった後、便の検査結果を訊く、そこで悪いウイルスが出なければ無罪放免、もし出たら、治癒したことの確認のため、再度、便の検査となるのではないかと思います。そこから7〜10日間かかるとすれば、無罪放免となるのは3月に入ってから、ということになります。
憂鬱ですね。

24時間以上も下痢が続き、水も受け付けない状況は、生まれて初めてでした。大変消耗しました。これだけで体重は2.5キロぐらい減っていました。
食べていませんから力は入らず、胃腸の苦しさにただ堪えていなければならないということは、実に、情けないものです。
13日(金)に、あっという間に肺ガンで亡くなった大学の同級生の通夜に行き、集まってきた同級生たちと、何時死んでもおかしくない年になったね、と語り合ったりして命の儚さを感じました。その後だけに、妙に弱気になってしまいました。

まあ、それでもこのブログをアップする気になったのですから、快方に向かっていることは間違いありません。
しかし、もしかしたらノロウイルスのキャリアーかもしれませんから、シロの結果が出るまでは人中に出ることは当分控え、静養に勤めたいと考えています。

| 健康 | 17:41 | comments(2) | trackbacks(0) |
風邪の支配下に置かれた不快な日々
送信者 橘フォト11

年と共に、風邪を引くと長引く傾向が強くなっています。
昨年は、6月に引いた夏風邪から回復するのに2ヶ月以上を要しました。

現在も、風邪の支配下に置かれています。
13日(木)、毎月やっている会社のOB会理事会に6時半から出席し、その後7時半頃から、食事方々飲みました。毎月のことで、食事の開始も遅いので、2時間ぐらいで切り上げて帰りました。
酒も食べ物も美味しくいただいたのですが、夜、寝る時に、喉が少し痛いなと感じました。
翌朝、喉の痛みは少し強くなっていました。うがいをしたりして様子を見ていましたが、大したことはないように感じていました。しかし、土曜日頃から、喉の痛みは酷くなりました。
夕方には、微熱がありました。

月曜日に医者に行って、私が風邪を引いた時のお決まりの薬(一週間分)を処方してもらいました。
今日で、フルコースの治療が終わったわけですが、咳が少し残って、まだスッキリしません。
快復力が遅くなったなあ、と実感しています。
元気な頃だったら、扁桃腺を腫らしても、こんなに長引きはしませんでした。
この間、夜の会合3回、合唱練習2回、ゴルフ1回をキャンセルしました。ちょっと立て込みすぎていましたが(反省!)。

この歳になると、風邪が大敵です。
それを良く承知しているので十分用心していますが、気がつかない間に背負い込んでしまいます。免疫力が落ちているのでしょう。まあ、年なんですね。

TVを観ていると、つまらない犯罪ニュースが多く、世界には、報道すべき沢山のニュースがある筈なのに、メディアは何しているのでしょうか。

後妻業という小説があるそうです。
それを地で行く犯罪が起きていますね。
妻が、10日近くも外に出ないと、ご近所が、私が殺されているかもしれないと思うおそれがある(笑)と言うので、庭に出てこの写真を撮りながら、お隣の若夫婦と談笑しました。

まあ、少しは元気が出てきたのでしょうか。

| 健康 | 15:09 | comments(4) | trackbacks(0) |
杉花粉症と環境問題
送信者 橘フォト11
(武蔵野公園)
後期高齢者講習を終えて、本日、運転免許証の更新手続きをしました。事前に講習済みであったことから、更新手続きは簡単で、新しい免許証交付までネット1時間15分で済みました。先週初めに受けた後期高齢者講習は、3時間に及び、それも加えると、後期高齢者の運転免許証の更新は、時間は4時間15分、費用は講習費6000円を加えると、全部で8500円に及びます。
費用と時間をかけて、警察官僚の天下り先(自動車教習所)を確保しながら、高齢者の運転をあきらめさせる制度を巧みに作っています。この講習で行われた認知度、判断力のテストでは、好成績(笑)を修めて、本日の更新に及んだ次第です。

府中自動車免許所の東側は武蔵野公園で、野川公園の野川の上流に位置し、豊かな自然が確保されています。もったいない程人影も少なく静かです。
新しい免許証ができるまで、30分ほど散策しました。
もう大分少なくなっていますが、まだ杉や檜の花粉が漂っており、花粉症に悩まされている私は、そこに長くは居られません。指定の時間より早く行ってみると、ちょうど免許証ができあがったところでした。

私が、杉花粉症の発症に見舞われたのは、1979年、41歳の春のことでした。
段々と杉花粉症のことが解明されるようになりました。昔なかった病気が増えるのは、昔から存在した杉花粉の他に、都市公害が関係していると言われるようになりました。

私は、1972年から78年までの間の4年間をブラジルのサンパウロで過ごしました。
サンパウロは、大きな盆地の中の工業地帯の中心都市で、人口は一千万人近く、しかも風は余り吹きません。当時、ロサンゼルスと並んで、世界で最も公害が深刻な都市と言われていました。飛行機から見ると、サンパウロが大きな靄の中にあることが良く分かりました。嘗ての東京もそうだったですね。
そのような背景もあって、ブラジルでは、公害対策として、この頃からバイオ燃料の実用化がはじまりました。
サンパウロの空気をたっぷり吸った上で、帰国して杉花粉を吸ったら杉花粉症になってしまいました。
年齢故か、東京の空気がきれいになったためか、最近は昔ほど症状は強くなくなりましたが、このシーズンの不快さは残っていて、楽しい筈のこの季節を楽しめません。

杉や檜の花粉が大量に飛散することが必要条件で、都市公害が十分条件のようです。

現在、中国では、空気の汚染が酷い状態で、その深刻さは、欧米や日本、或いは、嘗てのサンパウロなどとは比較にならないレベルのようです。人類の末期を思わせるレベルになっています。
地球の自転に伴って、その空気は日本にもやってきます。有害物質は、途中で海に落ちるものもあるでしょうが、その分、海が汚染されます。
大気中のものは、日本の山岳地帯に落ちたり、日本独自の都市公害と併せて複雑な汚染を引き出している筈です。日本を通過したものは、太平洋に落下しますが、一部は米国まで到達します。
しっかりした測定体制をとって、対策を立てられるようにして欲しいと思います。気がつかないうちに、日本国民の健康が害されていることもあり得ます。

中国は、そのほかにも土壌汚染、河川の汚染、地下水、飲料水の汚染がますます深刻化しています。国土が腐敗していると言っても良い状態ではないでしょうか。
これは、必然的に、海洋汚染をもたらします。
中国の国土を浄化するには、この国のこれまでのあり方を完全に変え、これまで工業化で得た利益の何倍もの資金を投下する必要があるのではないでしょうか。
中国が中国であることを止めなければ解決しないし、超個人主義の民族性は変わらならなければならないでしょう。この国は地球規模の腐臭を発散し出しつつあります。フロントにいる日本は大変です。

中国の環境汚染問題は、また改めて触れてみたいと思います。
ただ、これは、日本の環境技術の提供程度で解決できる問題ではありません。
中国人全体が、決意しないと動き出すこともできません。
| 健康 | 16:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
スギ花粉症はじまる 一方では五十肩が直った
送信者 橘フォト11
(福寿草)
春を感じる暖かさですが、昨夜からスギ花粉による鼻汁に悩まされています。いよいよはじまりました。
もちろん、前々から抗アレルギー剤を服用していますが、スギ花粉は、そんなもの突破して攻め込んできます。不快な季節がはじまりました。
こうなったら空気清浄機を動かして、書斎にこもるしかありません。

一方では今日、スポーツクラブで確認したのですが、この2年半ぐらいの間悩まされていた左の五十肩が、ほぼ、完治したように思います。
可動域は幾分狭くなりましたが、右肩と同じように動きいて、痛みもほとんどなくなりました。右肩は、50歳代後半に患いましたが、後で分かったのですが、可動域は狭くなりました。
今月に入って、随分と痛みが減ったな、と感じていました。今日、いろいろ試してみたのですが、右と同じように動かせます。長年、重く感じていましたが、嬉しいことに、軽く感じます。

五十肩は、左右患って分かったことは、整形外科は「五十肩」と診断するだけで、有効な対処方法を持ち合わせていません。
右の時は、半年ぐらいで、鍼治療で治りました。伝統的な鍼治療でした。
左の今回は、友人の薦めで、筋肉を柔らかくする治療方法を試みましたが、治療を受けた後はよいが、一時的な効果しかないことが分かりました。
前回鍼治療で治ったので、有名な鍼治療院に通いましたが、一進一退でした。西洋式の電子パルスを送る鍼です。

効いたのは、一人で行うストレッチです。これである程度良くなりましたが、長い間、痛みも残り、可動域も努力しないと狭いものでした。
ある程度良くなったような気がしていましたが、完治とは言えませんでした。スポーツクラブに行った時に、自分で考えたストレッチを繰り返していたのが良かったようです。

結局、時間が解決してくれたのでしょう。
痛みもとれ、軽く感じるのは嬉しいことです。
花粉の時期が過ぎたら、ヘボゴルフも復活できるでしょう。

同年の友人が、転倒で手の中指を複雑骨折して、全治6ヶ月だそうです。
今回の2度の大雪では、私の場合には転倒せずにすみましたが、老人の周りには危険が一杯ですね。
| 健康 | 20:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
夏風邪はなかなか老いに重かりき 高浜虚子 
送信者 橘フォト9
(梅雨空)
6/24の前エントリーでご報告したように、風邪を引いてしまいました。
その後の診察で、腎臓がらみのことではないとのことで一安心しましたが、夏の風邪は侮れないことが分かりました。
それ以来、すべての予定をキャンセルし、外出を控え、風邪の治療に専念しましたが、なかなか直りません。
幸い、熱はないのですが、鼻水、深い咳に悩まされ、体力を消耗しました。鼻汁の始末の結果のちり紙が溜まり、我が家のゴミの量は倍増しました。

ようやく少し楽になったので、昨晩はある夕食会に出てみました。
料理も美味く感じず、酒にも手が出ませんでしたが、久し振りに大勢の人と話をして、大分気分が良くなりました。
同じように夏風邪を引いて、その日欠席した友人のメールにあった虛子の俳句をタイトルにさせてもらいました。やはり、夏風邪に苦しんでいるようです。
まさに、この句が、今の私の心境にぴったりです。

未だ、この夏風邪のゴールは見えていません。
| 健康 | 13:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
ゴルフの後に左脇腹通と微熱
送信者 橘フォト9

6/21(金)、高校同期のゴルフ会に参加しました。
曇天、後半の3〜4ホールはしとしと雨で、傘をさしたりたたんだりの空模様でした。この季節としてはゴルフ日和でした。
私としては、通常の出来で、ホールアウトしました。
パーティでは商品をもらった人たちや、話したい人のスピーチが続き、楽しい会でした。
マイカーで35分の距離でしたので、私としては言うことなしの日でした。

心地よい疲れで、いつもより早くベットに入りました。
翌6/22(土)朝目覚めてみると、腹の具合が良くないのか、下腹部から左脇腹にかけて筋肉痛のような痛みを感じます。熱があるような気がして測ってみると37度3分(平熱は36度くらい)の微熱がありました。
冷静になってみると、消化器に異常はないように思いました。
左側の腹筋から脇腹にかけて痛みを感じます。
ゴルフで、飛ばそうと思って、左に無駄な力が入っていたのだろうかとも思いましたが、どうも釈然としません。このような痛みは初めてです。
そのような状態が一日続き、寝る前に熱を測ってみると、37.5度でした。

振り返ってみると、慢性的な鼻炎により鼻汁が気管に入りそうになるために軽い咳が一年中続いていますが、一両日前から、気管支からの咳も混じっていたように感じます。ゴルフの前に軽い風邪を引いていたのです。
ゴルフの後に風呂に入った時、妙にぬるく感じたことを思い出しいました。
微熱の原因は風邪だと思いました。筋肉痛は、風邪に伴うものであろうと考えました。
ゴルフスタート前の20人全員の記念写真がメールで送られてきましたが、皆、元気そうな顔をしている中で、少し元気のなさそうな自分が写っていました。

6/23(日)の朝になると、熱は36.3度に下がりました。左脇腹痛は少し弱くなりましたが、相変わらずです。それに加えて、咳がひどくなりました。
22日、23日と、経営の厳しい企業を支えてくれた後輩の通夜、告別式がありましたが、この咳では人中に出られません。残念ながら、ともに失礼しました。
長い間、共に経営を語り合った仲でした。3年超の闘病の結果で、是非お別れをしたかったのですが、それがなりませんでした。

争点のない都議選もパスしました。

本日昼に予定されていた昼食会も欠席し、かかりつけの医師に診てもらいました。
診断は、風邪と腎臓結石が出たのではないかということで、血液と尿の採取をされて帰ってきました。

私は、風邪を引くと、咳が長引きますが、この医師が処方する薬によって一週間程度で収まります。久し振りの風邪だなと思いましたが、記録によると、最後の風邪は7年前だったようです。

腎臓結石は、前に指摘されていましたが、すっかり頭から抜けていました。
腎臓結石が出る時には、一時的に尿管が詰まって、腎臓が肥大したり、発熱したり、痛みが伴うようです。今日、超短波で見た限りでは、異常は見つからなかったようです。今朝は、左脇腹中心の痛みはほぼ解消していました。

深刻なことではなくて良かったと思いました。
早く元気になりたいものです。
| 健康 | 16:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
半年ぶりに目が覚めたような感じ
送信者 橘フォト9

この半年間、眠っていたのではないかと感じました。

この半年は、過去とは違っていました。
例年、11月頃から空気が乾燥し出すと、クシャミ、鼻水に悩まされます。そして、それに耐えていると鼻血が出るようになることがあります。その場合には、、耳鼻科のお世話になり、治療してもらいます。
昨秋がそうで、この頃から、抗アレルギー剤の服用をはじめて、5月初め頃の花粉症の季節明けまで服用を続けます。
毎年そうしていることですので、今年も当然のことのように感じていました。

しかし、今考えてみると、今回は少し様子が違っていました。
爽快感に乏しい毎日が続きました。
食欲にも影響が出ました。朝、晩はあまり変わりませんが、昼は全く食欲がありません。
料理や酒の味も落ちました。
年をとるというのはこういうことかと感じました。自分も先はそう長くない、と考えるようになりました。

私は、5月から11月頃までの季節の良い期間は、健康維持のために、ヘボなゴルフをを続けてきました。
オフの半年間は、クラブは握りませんが、再開に備えてパッティングの練習だけは欠かしませんでした。
しかし、この半年間はゴルフに対する意欲が薄れ、このシーズンからリタイアーしようかとも考えていました。
ところが、この5月5日、80歳代の先輩二人を含む仲間からゴルフに誘われ、気が進まないままに参加してみました。
スタートしてみると、この半年間の体力の衰えは予想以上で、クラブもパターも握っていなかった結果は惨憺たるものでした。

ちょうど、その直前から、気温が高くなり、湿度が上がり、スギやヒノキの花粉の飛散もおわり、医師から処方されていた抗アレルギー剤の服用を止めていました。
ゴルフの疲労感は相当なものでしたが、翌日には、前日の効果で、歩行がしっかりしてきたことを感じました。久し振りに爽快感を覚えました。
この半年間、生活や意識がかなり消極的になっていたことが分かりした。

昨日は、大学時代の仲間のゴルフ会に参加してきました。
疲れはほどほどで、今日は快適です。
この半年間の面白くない生活は、加齢のためではなく、抗アレルギー剤の影響ではなかったかと感じています。
| 健康 | 16:22 | comments(2) | trackbacks(0) |
| 1/5PAGES | >>