CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

LINKS
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORIES
社会部ネタで国を動かすのか?

春爛漫の季節になりましたが、今年はヒノキの花粉が強く、不愉快な日々を送っています。
スギ花粉には大分耐性(感性の低下?)ができたように思っていましたが、今年のヒノキ花粉には完全に降参です。

世界では、グローバリズムと自国ファースト主義、民主政治と独裁政治、米中の対決、米露の対決、中露などの独裁国家と周辺中小国とのせめぎ合い、持てる国と持たざる国、中東イスラム圏の限りいない相互憎悪など、あらゆる利害が輻輳して、複雑怪奇な国際政治のせめぎ合いが行われています。
これがどのように決着するのか、更に複雑さが増して混迷度が深まるのか、あるいは不幸にして武器による解決を引き起こすのか、予断を許さない状況です。

そのような中で、この国の国会は、三面記事を一面に持ってきた新聞の報ずることにぶら下がった野党が、その記事を検証するようなことにエネルギーを使っています。新聞社会部と、TVと野党が結託した倒閣運動ををやっています。
日本中が三面記事のテーマで埋めつくされたかのようです。
たとえ、騒いでいることが事実であったとしても、内閣が替わるようなことではありません。
本当におかしな国になってしまいましたが、中国にとって具合の悪いことは報道しないメディアのことですから、この現象の裏に中国がいるのではないかと疑っています。

国内問題も深刻です。
テクノロジー分野での我が国の停滞は恐ろしいほどです。
これが経済を支えてて方向転換し、発展させる基盤になるでしょうから、憂慮せざるを得ません。
構造改革が進まないのは、官僚機構に統制された経済だからではないでしょうか。
モリカケ問題や自衛隊日報問題(存在するものを全部出してはいけない)が、図らずも官僚機構の問題点を明らかにしてくれました。
構造改革は、先ず官僚機構の解体再編成からではないかと思っています。
これは力仕事になります。
メディアや野党は官僚側に付く(官僚から情報を貰う)ことになるでしょうから、政官の大きな対立を乗り越えなけれなりません。

新聞から政治部がいなくなったのでしょうか。
不勉強から、政治部も社会部化してしまったのでしょうか。

外地で働いていた頃、朝日新聞よりは日刊スポーツの政治記事の方が簡潔で適確だと思っていました。
今思うと、朝日の堕落はその頃(バブル期)から始まっていたのではないかと思います。
優秀な記者が、日刊スポーツなどに出されてしまっていたのだと思います。

戦後のイデオロギー社会は、遂にここまで来てしまったのです。
メディアと野党は、完全にガラパコス化してしまいました。
そして、この国を支えていた官僚機構も、骨粗鬆症のような状況にあることも分かりました。

これだけ腐りかけた社会は、反動も怖いことではありますが。
| 社会 | 17:44 | comments(2) | trackbacks(0) |
官吏のモラルは武士道精神

(神代植物公園2018.3.28)

百花繚乱の季節になりました。佳い季節です。
私にとっては、檜の花粉のピークに入り残念ですが、老化のお陰か(笑)症状は大分楽になっています。

国際政治の動きが激しくなってきました。
核やICBMなどの大量破壊兵器で装備された大国によるパワーゲーム、外交戦、それにチャレンジする北朝鮮による外交の展開など、世界が急速に動き、将来を模索始めています。
安倍政権が、戦後の日本としては、抜群の外交を展開してきていましたが、それでも下劣な国会審議で拘束している間にも大きな動きが次々に起こり、国民をハラハラさせています。

敗戦後の価値観に縛られた自称リベラル勢力、韓国のローソクデモによる政権交代を日本で夢見る共産党、東アジアの外国勢力の手先のような言動をしている旧過激派の流れをくむ勢力など明らかな反日勢力は何とかならないのでしょうか。
この人たちは、外国人と合体して沖縄で暴力を振るっています。
森友学園や加計学園の問題化に熱心だったのはこの人たちではありませんか。
マイナンバーを活用して彼らの資金源を絶つようにして欲しいと思います。資金から締め上げなければなりません。成立した共謀罪を生かして欲しいと思います。

今回の財務省の文書改竄、厚労省による再三に亘る事務処理のミスなど官僚のモラルの低下は酷いものです。官僚の上から下までおかしくなっています。
中央官庁の人たちのモラルを支えていたのは平たく言えば武士道ではなかったかと思います。
殿は凡庸ではあっても家老以下家臣がしっかりして藩を支えてきたのではないでしょうか。
客観的に見てみても、大臣の多くは凡庸な藩主並みです。
それでも日本が何とかやってこられたのは、官僚が頑張っていたからでです。

どうしたらよいのでしょう。
橋本内閣時代に行った省庁合併を中心にした行政改革では、ことは解決してません。
行政の判断、事務の効率化、透明化などは、勝れて新しい時代に見合った方法手段によって初めて実現するものではないでしょうか。
佐川証言を聞いていると、財務省理財局は、未だに紙で仕事をしていることが分かります。
武士道を思いだし、正確で素早い判断ができる道を開いて欲しいと考えます。

| 政治、外交 | 14:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
満80歳の誕生日

本日、満80歳の誕生日を迎えました。

朝からのみぞれが雪に変わってきました。
彼岸の中日の雪は、私が物心ついてからは初めてです。

  目出度くも傘寿ことほぐ春の雪    酔生

あっと言う間の80年間という感じと、様々な過去のことが思い出されて、長い80年間を良く無事に生きてきたな、との想いが入り交じった感じです。

子供の頃から余り丈夫ではなかった私は、自分の人生を考える時、若い頃は、80歳代のことを殆どイメージしていませんでした。精々、70歳代までのことしか頭に浮かんできませんでした。
しかし、70歳代後半になってから、何としても80歳までは生きたいと思うようになりました。
有り難いことに、本日、その80歳に到達し、嬉しく思っています。

80歳が近づくと、何とか80歳までは生きたいと思う余りに、体調を崩す人もいるそうです。それでも80歳を過ぎると元気が戻ってくるとか。
そういう意味では、様々な人にとって、80歳は一つのエポックだと思います。

そう思って調べてみると、直近の男性の平均寿命80.98歳、80歳の人の平均余命は8.92年とのこと。
あれあれ思ったより延びているなと思いました。何と89.9歳まで生きてもおかしくないことになります。
後数年の内に人生が終わっても、とは感じています。
しかし、90歳近くまでの実感はありません。

自分が期待していなかった領域を生きることができていてハッピーですが、これは人生のおまけだと考えています。
しかし、長生きの家系の妻が健康を害しながらも、もしかすると長生きすることになることも考えて、妻より先に他界することもできません。
結局、できるだけ生きるとせざるを得ません。
| 身辺雑話 | 14:20 | comments(4) | trackbacks(0) |
28年振りに花をつけた白梅

三鷹市の現在の地に居を構えたのは、昭和47年(1972年)のことでした。
昭和35年に建てた中古住宅付きで、庭が立派でした。前に住んでいたのは郵政省の官僚OBで、かなり凝って庭を造り上げたようです。
当時、33歳の私にはその価値は良く分かりませんでしたが、どうメンテして良いのか分からないので、その庭師を引き継ぎました。
その庭師は、作家の松本清張の庭師でもありました。
いわゆる職人気質で、その扱いには苦労しました(笑)。

庭の東側に紅梅があるので、西側に白梅を植えてはどうか、との庭師の提案を受け入れました。
平成2年(1990年)、ロンドン勤務を終わって帰国したのを機に、住宅部分を全面的に立て替えました。
白梅が植えてあった場所と池があった部分は、カーポートとなってしまいました。

新しい家が出来上がって気がつくと、和室の縁先に小さな梅の木が生えていました。白梅のあった場所に近いので、恐らくその種が生えてきたのではないかと思いましたが、縁先なのでそのまま大きくするわけにはいきません。
素人考えで、地植えの盆栽のようにしたらどうかと思って、毎年大きくしないように剪定していました。ところが何年経っても花を付けません。
昨年少し蕾を付けましたが、花までにはなりませんでした。
今年は、この様に沢山の花を付けました。嬉しいですね。
樹齢は28年です。

この小さな梅の木に花が咲いたので、改めてこの地に46年住んでいることを実感しました。
このうち6年は、外地への転勤で空き家にしていました。
年を取ったはずだと感じました。

できれば、これからもここに住み続けたいと思っています。





| 身辺雑話 | 14:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
文在寅を甘く見てはならない


5月1日に南北首脳会談をセットした文在寅韓国大統領の動きを見ていると、本音のところで、核ミサイル付きの南北統一を狙っているように思えます。
世間では、北の微笑外交に韓国が巻き込まれたように観られていますが、北朝鮮の五輪参加をはじめとした一連の動きは、これは、北に対する国連の制裁が効果を現し、北朝鮮が窮地に陥っているのを見越して、韓国が仕掛けたシナリオではないかとも思われます。

トランプ政権下の米国は、内政で精一杯で、北朝鮮と戦争する余裕はありません。
しかし、中間選挙、次期大統領選を睨んで憎っくき北朝鮮を叩く誘惑に駆られるかも知れませんが、できれば避けたいところでしょう。
米韓合同軍事演習を繰り返している間に、韓国は、米国の建前と本音を見分けてきたのではないでしょうか。

文在寅は、選挙中から大統領就任後にかけて、意図することは一貫しています。
米国や中国にすごまれて妥協していることもありますが、筋を通しながら本音を隠そうとはしていません。
そこを、日米両国は鋭く見ていかなければなりません。

北朝鮮の金正恩は、若いが相当な政治家、韓国は、情緒で動き政治的な計算ができない国、という理解が我が国では進んでいます。
しかし、今回の南北首脳会談までセットした両国の動きは、それが板門店の韓国側の施設で行われることを見ても、南の筋書きに北が乗ったか、南北合作の産物だろうと思われます。

合意を見ても、実質的に核ミサイル開発を止めることはないのですから、北にとって失うものはありません。
韓国が北朝鮮に助け船を出し、民族統一へのイメージで国際社会にアッピールをしているように見えます。

文在寅を甘く見てはなりません。
盧武鉉の失敗の反省を踏まえ、政治家としての年輪を積み、金正恩を上回る強かさがあります。
金正恩の南北会談時のあの嬉しそうな振る舞いを見ていると、そう思えてなりません。

と言っても、現体制下での韓国主導の南北統一の可能性があるかは、変数が多いので、どうかは分かりませんが。

日米が先入観に囚われずに、しっかりと対応して欲しいところです。

| 政治、外交 | 15:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
国家や民族があってこそ五輪は盛り上がる

12日前に一輪咲いた梅が今日は五分咲き、花の香りが漂って春の気分です。

ようやく平昌五輪が終わって、世の中が静かになりました。
前回エントリーで述べたように私はアンチ五輪派ですが、競技が始まれば日本選手の活躍に喜んだり、がっかりしたりしています。

観ていてつくづく五輪の基礎には、民族や国家のアイデンティティがあるのだなと思います。これなくしてあのような盛り上がりはないでしょう。

期間中様々なことがありましたが、SNSで、羽生選手や小平選手が金メタルを獲ったことに関して、日本人は素晴らしいと述べた人に対し、高名なジャーナリストが、日本人が素晴らしいのではなくて、両選手が素晴らしいのだ、とコメントしたそうです。
それに対して、そんなに日本人が嫌いなのかなど反論が多数出て、そのジャーナリストのアカウントが炎上した、とのSNSの記事を見ました。
また、NHKは、同じ競技を何度も放映するのに、あるいはメタル獲得数のランキングは何回も撮すのに、表彰式は必要最小限の放映に止めている、という意見がありました。
確かに、選手自身も、TVの視聴者も、特に金メタルを獲った場合は、表彰式は、最も誇らしく思う瞬間ではないでしょうか。

人間には、必ずアイデンティティがあります。
家族と他人は、アイデンティティによって区別されている場合が多いです。
高校野球や国体などは、県民意識と地元や地域の意識によるアイデンティティによって盛り上がります。
国際試合になれば、当然のことながら、日本という国家や、日本人という民族意識によるアイデンティティは強く刺激されます。これは自然なことです。

トリノ五輪の時も、NHKは、日の丸を撮さないようにしたとの批判がありましたが、どうやらこの公営放送は、日の丸や君が代などは嫌いなようです。海外向けの放送はどうだったのでしょうか。

一方では、韓国はどの局も同じ画面で、日本の金メタルのケースの一部(?)は、日の丸、君が代は放映されなかったと報道されています。

戦前の反省もあってか、国家主義を否定し、リベラルな思想が尊重されてきましたが、リベラルが行き過ぎると反国家主義、更に進むと反日になってしまうのでしょうか。

普通は、リベラルだって国家を尊重する筈ですが。

ところで、日本人は、五輪に出る人であっても、筋肉量は欧米の選手に劣ります。
体格が違います。
従ってバランスも大事なスケート競技では、好成績を出すこともあります。
スキーは、ジャンプを除けば、力勝負です。難しいですね。
| スポーツ | 16:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
韓国の裏切りは軍事衝突を早める


   亡き友を偲ぶひととき梅一輪   酔生

寒い、寒いと言っている間に、わが家の遅咲きの梅も、蕾がどんどん大きくなり13日に開きました。

しばらく更新がお留守になっていて申し訳ありません。
この間は、妻の体調が勝れないこと、高校時代の友人の死とその家業の処理(遺族の生活がかかっている)、昨年10月末に他界した友人を偲ぶ会の準備に追われたりで、ブログの更新まで頭が回りませんでした。

私は、以前から申し上げていたとおり、アンチ五輪派です。
平昌五輪には興味ありませんが、南北朝鮮によるその政治利用には、世界が腹を立てているのではないでしょうか。
五輪を利用した韓国の裏切りには、日米ともに相当に怒っています。今朝、1時間以上に亘る電話による日米首脳会談があったそうですが、両国が大きく舵を切る方向に向かいつつあるのではないかとの予感がします。

米国を攻撃するための核ミサイルの開発に、韓国は、少なくとも時間と資金を与えたことになり、米国が手を拱いている筈はありません。
米韓関係は破綻に向かっています。

恐らく、「核を持った統一朝鮮vs日米の方向」に向かうことになるでしょう。
日米は、核を持った統一朝鮮を絶対に認めることはできません。
平昌五輪が、ハードな解決、つまり軍事衝突の方向に事態を向けてしまいました。

韓国は、現実の韓国を捨てて、民族の名の下に北朝鮮に擦り寄りました。民族統一という観念的な満足の他に、何か得られるものがあるのでしょうか。
韓国が、自由と平和と現在の繁栄を捨てる覚悟ができているのでしょうか。

そのような状況を見ていながら、我が国の国会もメディアも日本の危機をしっかりと論じていません。
この段になっても、危機を叫ぶ、安全保障を語ることに関しては、許さない雰囲気があります。
戦後の日本人の危機を見たがらない体質は、異常です。
現実には日米安保条約によって守られていますが、それを脇に置いて沖縄では米軍に対する嫌がらせが続いています。

韓国の人も、日本人も、かなり平和ボケが酷いのではないでしょうか。
| 政治、外交 | 15:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
素晴らしいモーツァルトを楽しんだ

JUGEMテーマ:音楽


昨日は、9月まで所属し練習に通っていたエルヴィオ・ソーヌスのこの演奏会(オペラシティ大ホール)を聴きに行きました。

モーツァルトのリタニエK.243と同ミサ曲ハ短調(大ミサ曲)K.427でした。
練習している時から両方とも素晴らしい曲で、ソリスト、オケが揃った時の感動を想像していました。
聴いてみると、思った以上の好演で、ステージで演奏している人たちが羨ましいな、と思いました。あのくらいのレベルの感動はステージ上では滅多に味わえるものではありません。

合唱、ソリスト(現在脂の載った世代の人たち)、オケ(シンポジオン)が指揮者の下に一体となっていて隙のない完璧に近い音楽を造り上げました。

特にハ短調ミサ曲は、今回を入れて3回練習ししましたが、まともにステージに立ったことはありませんでした。今回こそはと張り切っていただけに、体調が勝れないために脱落してしまったのは残念でした。余程嫌われてしまったようです。

22日の降雪からの先週の寒波は酷いものでした。
土曜日に向けての夜間練習について行けただろうか、風邪や流行りだしたインフルエンザに罹らないで済ませられたかどうか、と考えてみると矢張り無理だったかも知れないと思ったりもしました。

まだまだ合唱から離れ切れてないな、と感じた演奏会でした。
| 音楽 | 14:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
認知症医学の大先生から褒められた話

高齢になると、物忘れが多くなり、誰しも認知症の恐怖を抱えてしまいます。
3月には80歳になる私ですが、友人に勧められて、ある認知症の専門医の無料相談を受けることになりました。

結論としては、私の物忘れは正常(老化)なものであって、異常(病気)なものではないようだとのことでした。

先生の質問に答える形で、仕事を離れてからは、ストレスフリーな生活を心がけているとして、次のようなことを話しました。

健康維持を目指して40歳頃から続けていたウイークエンドジョギングを62歳で膝を痛めたので止めた。
その代わりスポーツクラブに通って筋トレと、ランニングマシンなどで有酸素運動を心がけていた。
75歳の時に、スポーツクラブに通うことがストレスに感じるようになったのでクラブを退会し、健康維持はウオーキング中心に代え、最初は1万歩から徐々に減らして、現在は6〜7千歩程度にしている。

唯一の運動的娯楽であったゴルフは、手指関節症になってグリップが心許なくなった。どうしてもできないことはなかったが、77歳まででゴルフはを止めた。止めてみて、これも早起きなど結構なストレスになっていたことを感じた。

自動車の運転も昔のワクワク感がなくなり、事故らないように慎重に運転するように心がけていたためか、次第にストレスを感じるようになったので、79歳の昨年、運転免許をを返上した。

学生時代に夢中になっていた合唱は、サラリーマンの間に徐々に遠ざかってしまったが、64歳頃から復帰して様々な合唱団で唱ってきた。これも大曲を大勢でやり、本番はオーケストラ付きで演奏するため、徐々にきつくなってきていた。昨年秋に体調を崩したのを機に、合唱団を退会した。現在は、若干の寂しさを感じている反面、これで大きなストレスがなくなったように感じている。

睡眠がやや不安定になりがちで悩んでいた高3(17歳)の時、受験を前に不眠症的になったが、母が与えてくれたウイスキーを飲むとぐっすり眠れることが分かり、不眠症はすっかり解決した。サラリーマン時代は、時差を伴う出張も多く、その場合は、睡眠導入剤を利用していた。老後は、ゴルフの前夜や、翌日に大事なイベントを控えている時には、睡眠導入剤を半錠飲むことにしている。これで大きく睡眠不足になることはない。

この様なことを話してみると、先生は、
「年齢とうまく付き合っていらっしゃる」
と言って下さいました。
ただ、認知症の診断を受けたわけではないので、正確には病気ではないとは言い切れないと思っています。
また、今は大丈夫だとしても、これから罹ることもあります。
すっかり安心とはなりません。

私としては、合唱を止めてしまったので、前向きなことがなくなってしまいました。
暖かくなった頃から、声を出す楽しみでも探そうと思っています。



| 健康 | 22:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
南北朝鮮は約束を守らない

韓国の文在寅大統領は、一昨年末の日韓合意について再交渉はしないが、日本に新たな謝罪を要求する、日本側が拠出した10億円の他に韓国側も10億円出資し、日本側の10億円の扱いについては日本と協議するなど、実質的に合意の内容を変えかねないことを発表しました。
日韓合意によって、慰安婦問題は、最終的に、不可逆的に解決されたとしてきましたが、その内容を変えかねない事態です。

日本は、韓国がこの問題に関するゴールポストを動かすことを再三に亘って指摘してきました。
またか、という感じでウンザリですネ。
約束を守らない国の面目躍如たるものがあります。本当に困った隣国です。
この様なことを繰り返して、もしかすると今後1000年も2000年も続けるのかも知れません。

北朝鮮が、非核化を約束し、近隣5カ国(日、米、中、露、韓)から資金、技術、食料などの援助を受けながら、非核化どころか核兵器開発を実現しつつあるのとよく似ています。

南北とも、相手を欺すのを何とも思っていないのです。欺される方が馬鹿だという考え方です。約束や契約観は全く同じです。
日本人には、南北朝鮮に関して、日韓併合時代に関する罪悪感が植え付けられていて贖罪意識があります。
甘い対応をしている間に、歴史を捏造され、日韓は抜き差しならない憎悪の関係に入りつつあります。

中国や南北朝鮮は、独裁者の下での農奴状態の国民が、いきなり近代化の波に襲われ、為政者も国民も対応しきれないままに今日を迎えてしまっているように見えます。
欧米が造り上げた国際規範の良いとこ取りをして、国際社会に混乱をもたらしています。
中国などは国際規範に適合しようとの考えがあるのかも疑われます。

日本人は、日本になかった欧米の考え方を、必死になって漢字を使ってその概念の理解に努めてきましたが、中朝韓は、日本が考案した漢字だけを導入しました。
欧米の考え方の理解が浅いというか、理解できる土壌がないのです。

中国や朝鮮の遙か彼方に広がるユーラシア大陸も似たり寄ったりなのではないかと思います。ロシアも同じです。
外交関係で違和感を感じる所以です。

そのような国々とのフロントに立つ日本は、相当しっかりしなければ、それらの国々に同化されてしまいます。
東アジアについての甘い幻想は危険です。

日本は引っ越すわけにはいきません。

頑張りましょう。
| 歴史 | 11:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/154PAGES | >>